第3回「木材需要拡大チーム会議」を開催しました

第3回目の「木材需要拡大チーム会議」を開催しました。
消費拡大に向けた実態調査の報告及び乾燥木材の普及を図る上での課題について議論しました。

○日時
 平成19年11月16日

○場所
 県庁

○出席団体
 佐賀県木材協会、佐賀県優良住宅建設事業者協議会、社団法人佐賀県建築士会、佐賀県木材青壮年会、佐賀西部流域森林・林業活性化センター、県建築住宅課、県林業課

project_photo04.jpg


○主な意見
・大工・工務店等に対する実態調査の分析結果は、聞き取りした大工・工務店等に公表して欲しい。
破風板、小割材の乾燥材は、需要があるので生産を検討すべき。
・乾燥木材認証制度について次の事項が検討されました。
●木材の含水率表示について
●乾燥材ではない木の問題点を集め、乾燥木材をPR
●他県の木材より曲がりが少ない等の特徴を出す
●佐賀の木を使うメリットを消費者に示す
●原木段階での選別を厳しくする
●施主向けに、木材が少し高くても、品質の良い木材を買った方が良いことをPRするなど