「木材生産拡大チーム」第3回チーム会議を開催しました

100511photo3.jpg3月25日、チーム会議メンバー15名が集まり、佐賀市富士町及び三瀬村で今年度実施したモデル地区での現地検討会、モデル地区内の収支や提案型集約化施業に関する今後の課題と対策などについて室内で協議しました。
現地では、国有林関係間伐コンクールで全国最優秀賞を受賞した間伐団地において、低コスト作業路開設方法の研修も実施されました。

100511photo4.jpg

今後の課題と対策

課題1:現場作業の技術力、コスト意識向上
→実地経験の積み重ね、研修会の開催で対応

課題2:提案型集約化施業への森林所有者の理解
→集落説明会などでの事例紹介等で普及

平成22年度取組計画
6月頃 コスト把握分析研修会
8月頃 提案型集約化施業にかかる優良取組事例研修会
3月頃 モデル団地4地区のコスト分析会議など