県産木材利用推進プランナーが現場からお伝えします

今回は、 担当の県産材利用推進プランナー畑瀬憲二郎さんがお伝えします。
県産材の推進で県内の材木店・工務店・設計事務所を日々廻らせていただいております。材木店や工務店さんへお伺いすると、木の香りがしてなぜか落ち着くのはやはり日本人だからでしょう。木の香りがする家に対するあこがれは、だれもが持つものだと思います。地産地消と言うことを最近よく耳にしますが、木材に関しても言えることです。

今年は、佐賀県が行っている「住みたい佐賀の家づくり事業」が募集を上回りました。
また、国土交通省が行っている 長期優良住宅普及促進事業に地域産材(県産材)を使用すると100万円プラス20万円と施主に対してメリットが増しました。このような事業をうまく活用して県産材の推進につながればと思っております。
しかし、手続きが面倒でなかなか・・・とか、書類の整備に時間をとられるのに業者のメリットがないから…という声をよく聞きます。そこで提案をさせて頂いているのが、県産木材利用住宅PR支援事業を組み合わせてはということです。

PR支援事業とは、「佐賀県産木材」地産地消の応援団に登録をして頂いた大工・工務店、建築士さんが県産材を使った家を建て、それをPRして頂くための費用を県が補助するという事業です。

県や国もこのように側面からいろいろと支援をすることで県産材・地域産材の消費を促進しています。私たちも少しでもお手伝いができればと思っておりますのでお気軽に声おかけください。

最後に、佐賀県木材協会では、佐賀県産木材PR用ののぼり旗を製作しました。のぼり旗は2種類あり、(1)木材店・製材業向け、(2)大工・工務店・設計事務所向けと分けています。

皆様に活用いただくよう販売していますので、必要な方は11月30日までに注文をしてください。

写真上:県産木材利用推進プランナー 畑瀬 憲二郎氏
写真下:佐賀県産乾燥木材
◆ 県産木材利用推進プランナーへの相談は「佐賀県木材協会」へどうぞ
佐賀県木材協会 〒840-0027佐賀市本庄町278-4佐賀県森林会館内
電話0952-23-6181 FAX0952-29-2187 http://www.sagamokukyo.jp/