県産木材利用推進プランナーが現場からお伝えします

planner01_1.jpg県産木材利用推進プランナー山口秀敏さんがお伝えします。
昨年10月に公共建築物木材利用促進法が施行され、本格的に国も国産材の普及のために力を入れており、低層の公共建築物は原則すべて木造化され、公共建築物の内装等の木質化も積極的に推進していくことになり、国産材(県産材)の需要もかなり伸びると予想されています。それに伴って、他県産材との競合も益々激しくなっていくと思われます。
そのためにも、県産材の品質等の向上に積極的に取り組み、他県に後れをとらないようにして行く必要があるかと思います。

 

県産木材を使ったモデル住宅も、佐賀市久保田町、小城市三日月町にまもなく完成する予定で、地域の皆様にも多数見学していただきたいと思います。併せて我々もさらに県産木材をPRしていきたいと思います。

住宅を建てようと考えている方も、「地元佐賀の木材を使いたい」と思われている方が多かった、とういうアンケートの結果もあります。
また「住みたい佐賀の家づくり促進事業」(県産木材を使用すると、補助金が受けられます。)といった制度もあり、その手続き等も、私たちプランナーが代行していくとにより円滑になればとも考えています。

県産材をいかにPRしていくかを日々検討していくなかで、飛躍の年にしたいと思います。

planner01_2.jpg
planner01_3.jpg


写真: 県産木材を使ったモデル住宅(福田建設(株)、(株)古賀木材センター)
◆ 県産木材利用推進プランナーへの相談は「佐賀県木材協会」へどうぞ
佐賀県木材協会 〒840-0027佐賀市本庄町278-4佐賀県森林会館内
電話0952-23-6181 FAX0952-29-2187
http://www.sagamokukyo.jp/