県産木材利用推進プランナーが現場からお伝えします

yamaguti.jpg県産木材利用推進プランナー山口さんがお伝えします。
プランナーとして、活動してまもなく一年が経とうとしていますが、県産木材の流通の形態について、私なりに少しは理解ができてきたと感じています。
さて、これからの住宅用の木材は無垢材だけではなく、集成材の需要が増えてくるのではと感じます。
佐賀県にも県産木材専門の集成材工場が出来ることを望みます。
委託でもかまわないと思いますが、長期的には必要性があるように思います。
もちろん、乾燥技術の開発もあわせて、やっていくべきだとは思いますが短期的な展望で取り組んでも時間と経費が無駄なような気がします。
もっと県産木材の需要が増えるようにするためには、抜本的な改革が必要になると思います。
私たちが活動していく中で、県産木材のニーズもエンドユーザーからは感じるところであり、安価で良質な木材を安定供給できるように、関係者が一丸となってよりいっそうの努力をしていく必要があると思います。
一方、国においても木材利用拡大に積極的な動きが出てきており、今後県内の木材需要も増えて行くことが予想される中、私たちプランナーも需要拡大の推進に積極的に努めてまいります。

県産木材利用推進プランナーへの相談は「佐賀県木材協会」へどうぞ
佐賀県木材協会 〒840-0027佐賀市本庄町278-4佐賀県森林会館内
電話0952-23-6181 FAX0952-29-2187
http://www.sagamokukyo.jp/

県産木材利用推進プロジェクトに関する問い合わせ先
佐賀県庁林業課林産振興担当 〒840-8570佐賀市城内1-1-59
電話0952-25-7133 FAX0952-25-7283
e-mail:yoka-wood@pref.saga.lg.jp