県産木材利用推進プランナーが現場からお伝えします

tanaka.jpg県産木材利用推進プランナー田中耕治さんがお伝えします。
私は県産材利用推進プランナーとして4月に就き、はや3ヶ月が過ぎました。他業界から転職ということで、少し戸惑うところもありますが、しっかりと仕事について行けるように努力していきたいと思っております。
実際にプランナーとして、建築業者・工務店を中心に訪問し、PR活動した中で、なかなかいい話は出てきません。
確かに この不景気と、追い討ちをかけるような大震災。価格高騰、工場被災による物不足、食物等の安全性に対する不信などなど。
各自治体、各業種・企業体、各個人が、それぞれ裁量の中で努力して、我慢して行かざるを得ない状況です。目覚しい技術発展、爆発的な好景気という事が、望めない今は、長期的視野でコツコツと確実に、安定感のあるものが求められると思います。
私たちもこの活動の中で、素材生産者から建築・工務店までの満遍なく、たくさんの方々とお会いし意見を聞き、問題点があれば検討し、対応・処理していく。情報はいち早く提供して、ニーズに応えていく。当たり前のことではありますが...。
積極的にひとつひとつ確実に取り組むことが必要であり、その事で人との繋がりができ、地域間の協調性が生まれ、業界全体がひとつになって邁進していく。県産木材安定供給・需要拡大という目標は、このような事で達成するのではないのでしょうか。
私たちも川上と川下を結ぶそのパイプラインになれたら、と思います。

 

県産木材利用推進プランナーへの相談は「佐賀県木材協会」へどうぞ
佐賀県木材協会 〒840-0027佐賀市本庄町278-4佐賀県森林会館内
電話0952-23-6181 FAX0952-29-2187
http://www.sagamokukyo.jp/