県産木材利用推進プロジェクト「需要拡大チーム」会議を開催しました

8月22日に県産木材利用推進プロジェクトの「木材需要拡大チーム」のメンバーをはじめ、「県産木材利用推進プランナー」など18名が集まりチーム会議を開催しました。
今回の会議では、県産木材の販路拡大策、応援団登録の推進、「佐賀の木づかい住宅」の募集、県産乾燥木材の生産コスト、品質等の検討、木造化の普及啓発、木材利用シンポジウム及びPRイベントの開催など今年度の活動計画等について事務局から説明した後、意見交換を行いました。

<主な意見>
・ 県産木材を愛する工務店が増えてきたように感じる。今後も信念を持って県産木材を使っていくことが大事である。
・ PRに関しては、様々な手段を活用して取り組むようになっており、しっかり頑張って欲しい。
・ シンポジウム、フェスタの内容について
など

今年度の活動計画については、上記6項目を中心に実施していくこととなりました。

このほか、県の「公共建築物木材利用促進方針」策定の準備状況及び内容、「2011国際森林年よかウッドフェスタ」の内容についても説明を行いました。
また、佐賀の森林づくりについても意見交換を行いました。