「2011国際森林年記念 よかウッドフェスタ」を開催しました

11月5日(土曜日)に、どんどんどんの森広場とアバンセホールを会場に「2011国際森林年記念 よかウッドフェスタ」を開催しました。
このフェスタは、県産木材利用推進プロジェクトの一環として、県民の皆さんに、木材、木工作品、木工芸品などとのふれあいを通じて、県産木材の良さやその利用の意義、森林の大切さ等について理解促進を図ることを目的として、県、県木材青壮年会、県木工業協同組合、NPO調和の森との協働により企画・運営されました。

どん3の森広場では、木工工作体験、チェーンソーアート実演、かんな削り体験、積み木遊び、山菜弁当販売、原木しいたけの試食や販売、木製品の展示販売など、体験、販売、展示が行われました。

また、アバンセホールでは、県内の小中学生が創作した木工作品による木工工作コンクールの表彰式が行われました。入賞された皆さん、おめでとうございました。

その後、佐賀の森林・木材の可能性をテーマに「木材利用シンポジウム」を開催しました。はじめに、建築家で工学院大学教授の藤森照信氏と森林ジャーナリストの田中淳夫氏に基調講演をしていただき、その後、五十嵐佐賀大学準教授をコーディネーターに、生産、流通、設計、建築、行政の分野から県内を代表する方々を迎え「佐賀の森林と木材の可能性について」と題してパネルディスカッションを行いました。それぞれの立場から貴重なご意見をいただくとともに、基調講演をいただいた田中先生にもアドバイスをいただき、興味深い内容で多くの方が聞き入っておられました。

1-1yokawood.jpg1-2yokawood.jpg

 

1-3yokawood.jpg1-400yokawood.jpg

 

1-5yokawood.jpg1-6yokawood.jpg

 

1-7yokawood.jpg1-8yokawood.jpg



写真 上から左右
1木工教室
2チェンソーアート
3積み木あそび
4カンナ削り体験
5木工工作コンクール 入賞作品
6木工工作コンクール表彰
7藤森照信氏の基調講演
8パネルディスカッション

 

問い合わせ先 県産木材利用推進プロジェクト会議事務局
佐賀県庁林業課林産振興担当
〒840-8570佐賀市城内1-1-59
電話0952-25-7133 FAX0952-25-7283
e-mail:yoka-wood@pref.saga.lg.jp