「佐賀県公共建築物木材利用促進方針」を策定しました

昨年10月に施行された国の方針「公共建築物等における木材の利用の促進に関する法律」に基づき、県や市町、民間事業者が整備する公共建築物の木材利用を推進する事を定めた「佐賀県公共建築物木材利用促進方針」を策定し公表しました。この中で、県が整備する1~2階建ての公共建築物は原則全て木造化すること、高層・低層に関わらず積極的に内装木質化することも目標としています。方針の概要は以下です。詳細は添付方針資料をご覧ください。
【基本的方向】
公共建築物については、可能な限り木造化又は内装木質化を図り、木材利用を促進する。

【木材利用を促進すべき公共建築物】
・国又は地方公共団体が整備する建築物
・民間の事業者等が整備する公共性が高い下記の建築物
学校、社会福祉施設(老人ホーム、保育所、福祉ホーム等)、病院・診療所、運動施設(体育館、水泳場等)、社会教育施設(図書館、青年の家等)、公共交通機関の旅客施設、高速道路の休憩所

【県が整備する公共建築物における木材利用の目標】
・低層の公共建築物(1~2階建て)は、原則としてすべて木造化。
・高層、低層にかかわらず、積極的に内装木質化。

【木材の適切な供給の確保】
林業従事者や木材製造業者等が連携して、林業の生産性の向上やニーズに応じた木材の適切な供給のための木材の製造、木材の需給に関する情報の共有等に取り組む。

【木材利用の促進のための体制】
「佐賀県県産木材利用推進庁内連絡会議」において、関係部局間の連絡調整、目標の検証、施策の検討等を行う。

◆佐賀県公共建築物木材利用方針(1-1houshin.pdf)概要版(1-2gaiyou.pdf

◆林野庁「公共建築物等木材利用促進法」に関するホームページ
http://www.rinya.maff.go.jp/j/riyou/koukyou/index.html

◆国土交通省「官庁営繕における木材の活用」ホームページ
http://www.mlit.go.jp/gobuild/gobuild_fr4_000002.html

◆問い合わせ先
佐賀県庁林業課林産振興担当
〒840-8570佐賀市城内1-1-59
電話0952-25-7133 FAX0952-25-7283
e-mail:yoka-wood@pref.saga.lg.jp