県産木材利用推進プランナーが現場からお伝えします

県産木材利用推進プランナー山口さんが現場からお伝えします。

 

yoka2yamaguchi.jpg「公共建築物木材利用促進法」に基づき、県の「佐賀県公共建築物木材利用促進方針」も策定され、公共工事における県産材の需要拡大は見込まれる中、一般の建築物の県産材需要も乗り遅れることなく伸ばしていく必要があると感じます。
当面は「佐賀県住宅リフォーム緊急助成事業」の需要もあるとは思われますが、補助金がなくても県産木材の住宅を増やして行く方法を検討していく必要があると思います。
まずは、我々プランナーが積極的に大工・工務店・設計事務所等にアプローチして、県産木材をアピールしていかなければならないと思います。併せて認定工場の県産木材の在庫情報の提供も行う必要があると思います。

なんといっても、県産木材の品質向上と低価格化を実現させるためにも、どんどん需要を増やしていく必要があり、エンドユーザーである施主様に県産木材の良さを感じて戴けるような動きをしたいと考えているところです。

また県産乾燥木材を安定供給するためにも、製材設備の充実あるいは乾燥施設の整備も県レベルで検討していく必要があると思います。

◆ 県産木材の在庫情報はこちら
http://www.sagamokukyo.jp/

◆ 県産木材利用推進プランナーへの相談は「佐賀県木材協会」へどうぞ
佐賀県木材協会 〒840-0027佐賀市本庄町278-4佐賀県森林会館内
電話0952-23-6181 FAX0952-29-2187
http://www.sagamokukyo.jp/

◆ 県産木材利用推進プロジェクトに関する問い合わせ先
佐賀県庁林業課林産振興担当 〒840-8570佐賀市城内1-1-59
電話0952-25-7133 FAX0952-25-7283
e-mail:yoka-wood@pref.saga.lg.jp