生産拡大チーム「提案型集約化施業等先進地視察研修」開催しました

平成24年1月10日(火)-11日(水)にかけて、宮崎県の南那珂森林組合と日北木材有限会社において、(財)県森林整備担い手育成基金と県産木材利用推進プロジェクト会議の主催による「提案型集約化施業等先進地視察研修」を開催しました。研修会には、県内の認定事業体(森林組合・素材生産業)や県の林業普及指導員など24名が参加しました。

【南那珂森林組合】
全国7ブロックに計12組合設定されている提案型集約化施業モデル組合の1つであり、施業集約化の取組をはじめ、造林から林産、加工、指導部門まで幅広く積極的に取り組まれるとともに、組合職員の皆さんが各々、問題意識を持って業務に取り組まれるような職場環境づくりにも心がけておられ、参加者から職員の研修制度等についての質問がなされるなど、活発な意見交換がなされました。

【日北木材有限会社】
高性能林業機械の導入を中心とした事業の合理化や雇用管理の改善に取り組まれており、平成22年度に全森連の優良林業事業体に選定(林野庁長官賞)されています。研修では、素材生産時に地拵えも実施して植林コストの低減を図る試みやスーパーロングリーチグラップルの使用事例等も紹介していただきました。

今回の研修を通じて、平成3年度よりスギの素材生産量日本一(平成21年度:121万m3)を誇る宮崎県の森林・林業の一端を垣間見ることが出来、大変な有意義な研修とすることが出来ました。

yoka1-1.jpg南那珂森林組合 室内研修

 

yoka1-2.jpg南那珂森林組合 利用間伐現地説明

 

yoka1-3.jpg日北木材有限会社 室内研修

 

生産拡大チームに関する問い合わせ先
佐賀県庁林業課専門技術員
〒840-8570佐賀市城内1-1-59
電話0952-25-7132 FAX0952-25-7283
e-mail:yoka-wood@pref.saga.lg.jp