〇林業教室「シイタケ栽培塾」を開講しています。

県林業課では、森林の整備や林業の振興、山村の活性化を図るため、林業後継者や新規参入者などを対象に、森林・林業に関する知識や技術を座学と実習を通じて習得していただくための技術研修会「林業教室」を毎年開催しています。

今年度は、昨年度に引き続き、“おいしい原木シイタケをつくる”「シイタケ栽培塾」と題して、5月から来年3月までの期間、全5日間のスケジュールで開講しており、県内一円から公募により15名の原木シイタケ栽培の希望者が参加されています。

研修では、シイタケ栽培におけるほだ木の伏せ込みや管理方法、害菌・害虫の防除など実践的な知識と技術について、様々な講義・実習を行っています。

8月18日(日)に開催した第3回目の研修では、第1回目(5月26日(日)開催)の研修で伏せ込み作業の実習を行った県有林内において、菌糸の成長を確認するとともに、ほだ木の管理方法などについて実習を行いました。

受講生の方々が、こうした研修を通じて、原木シイタケの栽培技術を習得され、生産者として活躍されることを期待します。

<林試:馬場>

130913_2_1.png
ほだ木の伏せ込み作業の実習

130913_2_2.png
生産者を訪問し実地研修

130913_2_3.jpg
害菌等について座学研修

130913_2_4.jpg
菌糸の成長具合などを確認