2013よかウッドフェスタにて!

11月2日(土曜)に佐賀市内のどん3の森広場で「よかウッドフェスタ」が開催されました。

私が所属するNPO法人「調和の森」は、今年も富士大和森林組合と共同で出展しました。
内容は、いつでも、どこでも「無垢材のフローリング」が楽しめるように、1.0m正方形の「杉のパレット」を作ってみました。

写真を見ていただくとわかるように、この製品は、どこにでも持ち運びが可能で、自由な組み合わせができるところが最大の特徴です。

「杉のパレット」で休憩中.jpg
「杉のパレット」で休憩中

また、無垢材(木材)の魅力を伝えるために必要な、「見て・触れて・感じる」ことができ、さらに様々な場所でPRができる手軽さを兼ね備えています。

お客様は、思い思いにパレットの上を歩いたり、丸太イスに座って雑談をするなど、いい休憩場所となっていました。

そして、「檜の実のプール」を一緒に出展していたのですが、物珍しさも手伝ってか、子ども達はプールの中で遊び、奥様方は「実をわけてください」と言われました。

140110_2.jpg
「桧の実のプール」で遊ぶ子どもたち

 

ビニール袋を用意していなかったので、本部からビニール袋をもらい、次々に実をわけていきました。
最後には、ほとんど無くなってしまい、予想外の展開に驚きでした。
今回は、「杉のパレット」と「檜の実のプール」を出展してみましたが、予想以上に好印象だったと思います。
今後も更に改良しながら、いろいろなPR方法を考えていきたいと思います。

関光 拝