「公共建築物木材利用技術セミナー」を開催しました。

平成27年2月4日(水)、佐賀市与賀町のホテルニューオータニ佐賀において、佐賀県(林業課)の主催により「公共建築物木材利用技術セミナー」を開催しました。

当日は、建築士や行政関係者など約100名の参加をいただきました。

今回のセミナーでは、専門家2名
・有限会社ウッズ代表取締役 能口秀一 氏
・すまい塾古川設計室有限会社代表取締役 古川保 氏
をお招きし、これまで以上に公共建築物への木材利用を促進するため、公共建築物への木材利用について、具体的な事例を交えてわかりやすく解説していただきました。

平成22年10月に「公共建築物等における木材の利用の促進に関する法律」が施行され、この法律に基づき、県では、平成23年12月に「佐賀県公共建築物木材利用促進方針」を策定しました。
さらに、県内の全市町においても、県の方針に即して市町の方針が策定されています。
今後とも、市町、関係機関と連携し、公共建築物における佐賀県産木材の利用推進に努めていきたいと思います。

県林業課 武田

0001.jpg
セミナーの開催状況

0002.jpg
主催者(県林業課長)あいさつ

0003.jpg
講師:有限会社ウッズ 代表取締役 能口秀一 氏
演題:「地域の森林資源から考える木材利用」

0004.jpg
講師:すまい塾古川設計室有限会社 代表取締役 古川保 氏
演題:「木材には欠点がある。伝統構法は欠点を受け入れた工法である。」

0005.jpg
意見交換の様子