平成27年度県産木材利用推進プロジェクト会議を開催しました。

5月22日(金)、佐賀市本庄町の佐賀県森林会館において平成27年度県産木材利用推進プロジェクト会議を開催しました。
会議には、県産木材の生産・流通・加工・消費者団体の代表者や学識経験者、行政代表者などに御出席いただき、事務局から県産木材の生産拡大と需要拡大に向けた昨年度の活動実績や今年度の活動計画を説明した後、意見交換を行いました。

<H26年度の活動実績の報告>
(1)木材生産拡大の活動状況
・低コスト木材生産モデル地区の設定(間伐1地区 皆伐1地区)
・高性能林業機械のレンタル支援
・提案型集約化施業等先進地事例研修会の開催
・「木材生産性の向上のための手引きVer.1」の策定
・専門部会(低コスト推進部会の活動)
木材需要拡大の活動状況
・県産木材の販路拡大に向けた広報・PR活動
・「佐賀県産木材」地産地消の応援団の活動支援
・公共建築物の設計者等を対象とした木材利用技術セミナーを開催
・県産乾燥木材(AD材・KD材)の生産に対する支援と品質等の検討
・木とふれあうイベント「よかウッドフェスタ」の開催
・専門部会(多角的利用部会)の活動

活動実績、最近の情勢の詳細については、下記のファイル参照。
PJ会議資料(3)(生産拡大・需要拡大チーム活動実績)
<委員からの主な意見等>
○ 県内で森林施業プランナー、オペレーターは充足してきているのか
○ 高性能林業機械は、レンタルも含めて県内での対応はできているのだろうか
○ 木造の建物だけでなく内装、食器、庭などを含めた、若い人の心をつかむイメージづくり、企業とのコラボはできないか
○ 木材輸出について、伸びる予測はあるのか、木質バイオマスの県内の状況は、どうなのか

今回の会議での御意見等を踏まえて、今後とも、関係機関と連携し、県産木材の生産と需要の拡大に努めていきたいと思います。

県産木材利用推進プロジェクト会議 事務局(県林業課 林産振興担当) 下田