第22回 林業試験場1日体験イベント「小さな森の探検隊」を開催しました

5月17日(日)、佐賀市大和町の佐賀県林業試験場で、第22回林業試験場1日体験イベント「小さな森の探検隊」を開催しました。
当日は、好天の中、36組の140名、こども79名、大人61の参加があり、林業試験場内の「平成こども記念の森」で森林体験活動をしてもらいました。
主な活動は、以下のとおりです。

苗木づくり体験
レンギョウ、トサミズキ、トキワマンサク等の挿し木苗木づくりの体験。
林業試験場が品種登録した、松くい虫に強いクロマツの挿し木苗「虹青」についての話や、花木の挿し木苗の仕立て方体験や水やり等管理の仕方、挿し木の活着後の植え替えについて学びました。

きのこの菌打ち体験
クヌギのほだ木にシイタケの菌打ちをする体験。
キノコについての話やクイズ、シイタケがなるまでの管理の仕方、シイタケの収穫の仕方について学びました。初めて稙菌ドリルを扱う方は、真剣にドリルを扱いながらも、次々とホダ木に穴をあけて植菌されていました。収穫できるまで管理をよろしくお願いします。

森の探検
「平成こども記念の森」を使い、色さがしビンゴを実施しました。300種類の色カードの中から森の中にありそうな色を16色選び、森の中で色カードと同じ色の自然のものを探すゲームをしました。同じ色のようでも微妙な違いがあり、皆さん、違うなあと言いながら、楽しそうにいろんなものを見つけていました。色さがしビンゴの後は、木の実などを素材にした動物の工作を楽しみました。

最後に、林業試験場では、来年も「小さな森の探検隊」開催予定です。またの参加をお待ちしております。

挿し木苗木づくりの様子

シイタケの説明

植菌作業の様子

森の探検(色さがしビンゴ)

木の実の工作のようす