「さがつく木のインテリアデザイン創出事業」リノベーション物件完成

県では、著名なデザイナーのデザイン力を活用して、商業スペースや公共施設等を「木のインテリア(家具を含めた内装空間)」によりリノベーションを行い、県産木材の付加価値向上を図る「さがつく木のインテリアデザイン創出事業」を実施いたしました。
つきましては、当事業によりリノベーションを行った物件を、御紹介致します。

[ KOWA CONSTRUCTION ]

Before

 

デザインコンセプト:KOWA LOUNGE
事業推進に貢献するオフィスの象徴空間

オフィスの中心的となる場所を、
来客だけでなくスタッフもゆったりと
落ち着ける
ラウンジとしてリノベーション。

レセプションやキッズスペース、
ライブラリといった複合的な機能を持ち合わせ

打合せや商談にも使える空間に。
ぬくもりを感じられる県産木材によってつくられたこの空間は、
居心地の良い企業ブランディングスペースとなる。

After

- デザイン監修/OpenA 馬場正尊 -
- 設計・監理/OpenA 大橋一隆 -
- 施工/株式会社孝和建設一級建築事務所 -
- 建設地/佐賀県唐津市原1471-1 -

[ MITSUSE CUBE ]

Before

デザインコンセプト:MITSUSE CUBE
[完成した空間]ではなく、作り方・関わり方をデザインする

プロに学びながらの作業はもちろん、
材料発注や業者打合せ等できることは

できるだけ施主であるムラークの皆さんに
関わっていただきました。

SNSでの状況公開や、
工事中の現場での地域イベント、
他の団体との
作業交流など、
多くの人が関わる機会を設け、
工事そのものが

地域との交流の場ともなりました。
(実は未完成で、工事はこれからも続きます。)

After

 

- デザイン監修/OpenA 馬場正尊 -
- 設計・監理/スムコト設計 満原早苗 -
- 施工/岡住建・NPO法人Murark -
- 建設地/佐賀県佐賀市三瀬村三瀬2769-1 -

[ SAGA Prefectural Office ]

Before

デザインコンセプト:EN・えん

焼き物やバルーン、みかんや玉ねぎ、
丸ぼうろなど、
佐賀の
土地にはたくさんの円が存在しています。
この部屋は、県庁への
来訪者や県庁職員が
ミーティングや待ち合わせなどに使うことで、

たくさんの『縁』が生まれる場所です。
Sの形をしたルーバーや、
何人でも対等に座ることができる
3つの
大きさのテーブルなど、
ほとんどの部分に曲線を使い、
壁や天井に
木材を張ることなく
木質化された空間をデザインしました。

佐賀の空気で育った木と、佐賀の文化と、
佐賀の技術が
「EN・えん」という
空間全体を構成しています。

After

 

- デザイン監修/OpenA 馬場正尊 -
- 設計・監理/川﨑建築都市研究所 川崎康広 -
- 施工・家具製作/諸富家具振興協同組合、レグナテック株式会社 -
- 建設地/佐賀県佐賀市城内1丁目1-59本館1階 -

[ SAGA Prefectural Office ]

Before

デザインコンセプト:TSUM・つむ

佐賀の産業を支えた登り窯や反射炉には
レンガが使われ、

日本最初の建築家と呼ばれる佐賀出身の
辰野金吾もレンガという
素材を
多用しています。

この部屋は、
佐賀から世界へ発信された文化の蓄積を、
先人から
受け継いだ佐賀の山林で
生産された木材を使って表現しています。

3つの大きさのスペースを区切るパーテーション
は、一定の隙間を
設けた木材のレンガ積み
とすることで、
各部屋のほどよい領域を
創ると共に、
高階層の気持ちのいい光と風が抜けるよう

デザインしました。

After

 

- デザイン監修/OpenA 馬場正尊 -
- 設計・監理/川﨑建築都市研究所 川崎康広 -
- 施工・家具製作/福田建設株式会社 -
- 建設地/佐賀県佐賀市城内1丁目1-59新行政棟10階 -

 

佐賀県産木材を使った、木の香りただよう素敵なモデルルームが出来上がりました。
リノベーション物件については、モデルルームとしても活用されますので、
皆様の御来場をお待ちしています。