第33回「佐賀県児童・生徒木工工作コンクール」入賞作品決定

10月28日(土)、佐賀市のアバンセにおいて、第33回「佐賀県児童・生徒木工工作コンクール」(主催:佐賀県木材青壮年会)の審査会が行われ、1000点近い応募作品の中から、入賞者が決定しました。

このコンクールは、未来を担う多くの子供たちが、今の子供ならではの発想力から、昔の子供が思いつかなかった新しい物を作って欲しいという思いと、木工工作を通じて、感受性や創造性に富んだ社会人に成長してくれることを願い、「触れて、創って、知る ウッドコレクション」をテーマに開催されました。

なお、入賞作品については、11月5日(日)に、佐賀市のどん3の森ふれあい広場で開催する「よかウッドフェスタ」において、表彰式を執り行います。