2017「よかウッドフェスタ」を開催しました

11月5日(土)、佐賀市のどん3の森ふれあい広場をメイン会場に、佐賀県及び公益財団法人さが緑の基金の主催により「よかウッドフェスタ」を開催しました。

当日は、秋空の下、小城太鼓保存会による和太鼓演奏で幕を開け、引き続き、佐賀県緑化功労者等の各種表彰式が執り行われました。会場内では、県産ヒノキを使ったスプーンづくりをはじめ、県産木材を使った木(き)んぎょすくい、親子でくぎ打ち競争、チェンソーアート&オークション、棟上げ実演・もち投げ、河口恭吾さんによるトーク&ミニライブ、県産原木しいたけの試食・販売、山菜おにぎり販売など、子供から大人まで幅広い年代の多くのお客さんで賑わいました。

また、今年度から始動した「森川海人(もりかわかいと)っプロジェクト」の第一弾として、森林の大切さ、森・川・海のつながりの重要性などについて理解を得るためのパネル展示も行いました。

そのほか、県内各地から参加した緑の少年団の子供たちは、牛乳パックを使ったどんぐり苗木づくりや枝打ちの体験活動を行いました。
来場者の方々は、様々なイベントで、県産木材や緑とふれあいながら木の温もりやその良さを実感されたことと思います。

今回の参加を契機として、普段の生活の中でより一層、県産木材の利用や緑への愛着が深まることを願います。

小城太鼓保存会による和太鼓演奏
~プレオープニング~
緑化功労者等表彰式
木工工作コンクール表彰式
建築設計競技表彰式
優良丸太展示品評会表彰式
県産ヒノキのスプーンづくり
県産木材を使った木(き)んぎょすくい!
親子でくぎ打ち競争!
チェンソーアート
木造軸組工法による棟上げ
もち投げ
県産原木しいたけ試食・販売
「森・川・海はひとつ」パネル展
~森川海人っプロジェクト~
みどりの少年団体験活動 ~どんぐり苗木づくり~
緑の少年団活動発表会
木工工作コンクール受賞作品展示
建築設計競技受賞作品展示
 
どんぐりくん(左)&モクリン(右)