林業試験場研究フォーラム2016を開催しました。(林業試験場)

7月7日(木)、林業試験場3階講堂において、林業試験場研究フォーラム2016を開催しました。当日の参加者は、指導林家、林務職員OB、林業関係者、森林組合、林務関係の公務員、公設試験研究機関の方々など49名に参加していただきました。

石川場長のあいさつの後、研究発表として、林崎副主査の「スギ大径材の乾燥技術に関する研究」と蛭子技師の「次世代スギ精英樹の選抜について」の発表を行いました。

両発表とも、短い時間でよくまとめており、質疑についても適度に質問等もあり、スギ大径材の乾燥技術や次世代スギ精英樹について、理解が認識されたと思います。

特別講演としては、国立研究法人 森林総合研究所 林木育種センター 九州育種場の倉本 哲嗣氏による「今後の林業を変える次世代精英樹や早生樹について」と題した講演をしていただきました。

講演では、次世代精英樹はいかに生長が良いか、生長の良さが育林コストの低減につながる等の話から最新のDAN解析による林木育種研究の状況や早生樹(コウヨウザン)についての研究の状況など丁寧にお話していただき大変興味深いものでした。

今回、来場された方々の中には佐賀県内はもとより、福岡県、長崎県、熊本県等からも来場していただきありがとうございました。今後も研究の成果がある程度まとまり、成果として申し分のないものが出来上がれば、このようなフォーラムの場で研究発表を発信していきたいと思います。今後ともよろしくお願いします。

0719_001.png

石川場長あいさつ

林崎副主査の研究発表

蛭子技師の研究発表

倉本氏による特別講演の様子。

0719_005.png

特別講演等の質疑応答の状況

「第49回 全農乾椎茸品評会」において相知町の原二三夫氏が「林野庁長官賞」を受賞されました。

イベント期間

2016年6月15日(金)

開催場所

埼玉県久喜市 久喜総合文化会館

イベントの内容など

主催:全国農業協同組合連合会(JA全農)
協賛:一般財団法人日本きのこセンター/全農全和会(取引先会員団体)
後援:林野庁

第49回全農乾椎茸品評会の展示・表彰式が、埼玉県久喜市の久喜総合文化会館において開催されました。

この品評会には、全国各地の生産者から一年の成果となる優秀な乾しいたけが出品され、日本産原木乾しいたけの高度な栽培技術の成果を競われています。

本年度の品評会には、全国22県から364点が出品され、全6部門において形状・色・光沢の良否などが厳正に審査されました。

佐賀県からは、唐津市相知町の原二三夫氏(佐賀県原木しいたけ栽培研究会所属)が【こうしん中葉中肉の部】にて、見事、農林水産大臣賞に次ぐ林野庁長官賞を受賞されました。

原氏は、2年前の品評会でも同部門で林野庁長官賞を受賞されており、昨年度の佐賀県しいたけ品評会においても、生しいたけの部で優秀賞を受賞されるなど、日頃からの適切な栽培管理・しいたけ生産にかける熱い思いが、今回の品評会の受賞につながったものと思われます。

また、「佐賀県原木しいたけ研究会」では、会員の皆様による「研修会」や「交流会」を通じて生産技術の向上に努められ、年々、品質の向上が図られているところです。

原氏におかれましては、今後も益々の技術の向上が期待されるとともに、原木しいたけ栽培研究会の主力メンバーとして佐賀県の原木しいたけ栽培を盛り上げていただきたいと思います。

今回の受賞、誠におめでとうございます。

第23回 林業試験場1日体験イベント「小さな森の探検隊」を開催しました。

5月22日(日)、佐賀市大和町の佐賀県林業試験場で、第23回林業試験場1日体験イベント「小さな森の探検隊」を開催しました。
当日は、好天の中、34組の126名、こども67名、大人59名の参加があり、林業試験場内の「平成こども記念の森」で森林体験活動をしてもらいました。
主な活動は、以下のとおりです。

<苗木づくり体験>
アオキ、レンギョウ、アジサイ、トキワマンサク、ニシキギ等の挿し木苗木づくりの体験。
林業試験場が品種登録した、松くい虫に強いクロマツの挿し木苗「虹青」についての話や、花木の挿し木苗の仕立て方体験や水やり等管理の仕方、挿し木の活着後の植え替えについて学びました。

<きのこの菌打ち体験>
クヌギのほだ木にシイタケの菌打ちをする体験。
キノコについての話やクイズ、シイタケがなるまでの管理の仕方、シイタケの収穫の仕方について学びました。初めて稙菌ドリルを扱う方は、真剣にドリルを扱いながらも、次々とホダ木に穴をあけて植菌されていました。収穫できるまで管理をよろしくお願いします。

<森の探検>
「平成こども記念の森」を使い、葉っぱのこすり絵、鏡で森を見てみよう、葉っぱ匂い投票など今回はにおいや視覚など五感を使った体験で、身近に樹木を感じ、日常と違った森の見方などを体感してもらいました。子どもの森を体験した後は、学習館で木の実などを素材にした動物の工作(どんぐりたまご)を楽しみました。

最後に、林業試験場では、来年も「小さな森の探検隊」開催予定です。またの参加をお待ちしております。

060601.png

挿し木苗木づくりの様子

060602.png

シイタケの説明

060603.png

植菌作業の様子

060604.png

森の探検(葉っぱのこすり絵)

060605.png

木の匂袋つくりのようす

060606.png

木の実の工作(どんぐりたまご)のようす。

平成27年度「さがの木の住まいコンクール」の表彰式が行われました。

5月17日(火)、佐賀市本庄町の佐賀県森林会館において、
「さがの木の住まいコンクール」(主催:佐賀県)
の表彰が執り行われました。

このコンクールは、佐賀県産木材をふんだんに使用し、「木の心地よさ」や「かっこよさ」をアピールできる魅力的なデザインの「さがの木の住まい」を募集し、木造住宅コンクールを開催することにより、その優れた事例を広く県民の皆さんに紹介し、県産木材の利用の意識や木造建築への関心、理解を深め、佐賀県産木材のイメージアップを図る目的で開催され、平成27年度が第1回目となります。

このコンクールには、9点(6社)から応募があり、栄えある最優秀賞(知事賞)には、有田町の株式会社小林産業が受賞されました。

その他の表彰者は下記のとおりです。

  • 優秀賞(一般社団法人佐賀県木材協会長賞):株式会社住工房プラスアルファ
  • 優秀賞(一般社団法人佐賀県木材協会長賞):有限会社菰田建設
  • 佐賀新聞社賞:株式会社住工房プラスアルファ
  • サガテレビ賞:株式会社住工房プラスアルファ

受賞者のみなさま、おめでとうございます。

林業課 林産振興担当 下田
古賀農林水産部長のあいさつ
最優秀賞(知事賞) 株式会社小林産業
053003.png
優秀賞(一般社団法人佐賀県木材協会長賞)株式会社住工房プラスアルファ
053004.png
優秀賞(一般社団法人佐賀県木材協会長賞) 有限会社 菰田建設
053005.png
最優秀賞受賞者のあいさつ
053006.png
受賞者と主催者の記念撮影

〇CM動画(youtube)

太良町森林組合の村井組合長を訪ねる

話は先ず、かつての木造建築は曲がり材すら巧妙に駆使して建てられられてきたという人間の知恵と自然の摂理とについて、つまり適材適所についてから始まった。
また雨水の75/100を保持するという森林の遮断機能の話では、近年多発するゲリラ豪雨による林地の崩落を絡め森林の保全の重要性を強調する。
殊に過去諫早水害など身近に深刻な災禍を経験してきただけに説得力のある話であった。
樹木の自己施肥機能と表土の重要性についてはそれを軽視する近年の大型機械を導入し、伐採から搬出にいたる林地作業のあり方に問題があるのではと。
時は民主党政権下、大言された木材自給率を20%から50%へという掛け声とは裏腹に想定外に伸びなかった木材自給率の話になった。
なお、これから先は概ね私の個人的な見解である。と云うかこのブログはあらゆる現場の問題や意見を代弁するためにあると思っている。時に異論であったり、時にシニカルである。

 

さて、自給率アップが数値化されて以降、まるで救世主の如く自給率アップと経済効率を同時に解決するという夢のような話が横行し、木は時に縦に、あるいは横に、はたまた直角に交錯するように接ぎ合わされた実に多様な集成材が開発されたものである。
つい先頃、国立競技場の聖火台設置にまつわる論調の中にも設置箇所には不燃材を使え云々。
燃えない木など、それはもはや木とは言えない。偽木の最たる物である。
確かに多様な偽木の開発によって、自給率は向上したかも知れない。しかし一方で、そのニーズを満たすためには間伐どころではなく皆伐も厭わないと言った有様である。
大型機械導入は大きな作業道を必要とし、またその力は強大である。特に搬出時での表土の削除によって山肌は無残に剥き出しにされていく。

 

一体、何のための林業なのだろうか?
さながら機械のための林業ではないか。どう見てもあの穏やかな日本の森は消滅の危機にある。復活どころか復活を果たす前に山は大いに崩落するだろう。さらに、福島原発事故以来、代替エネルギー論が喧しい。
その一つにバイオマス発電があり、その燃料のターゲットが国土の70%を占める我が国の森林なのだ。伐採の尺度も?からトンに変わった。
環境破壊による地球温暖化と異常気象は今や世界レベルの話題である。
グローバル経済の進行が地球規模の環境破壊を引き起こすというパラドックスは人間の叡智をはるかに超えている。人間の我欲の果てに満たされて行く経済成長と、その犠牲としての環境破壊との折り合いはなかなか着きそうにない。

 

最後は村井組合長の話で締めたいと思う。
「適正な森林資源を後世に残す。それこそが国土の保全に繋がる。」この哲学の存在する限り多良岳材というbrandは銘木であり続けるに違いない。
取材は二時間にも及んだ。あいにく雨天で多良岳には行けなかった。またの機会に連れて行っていただくことをお約束いただき、帰路に着いた。
村井組合長には貴重なお時間を頂戴し心より厚く御礼を申し上げます。

関光放浪記第4章より

脊振神社にて

ここは弁財天を祀った脊振神社の下宮である。
今は神埼市に合併された旧脊振村の中心地から登ること5km ほど行った脊振山への登山道の入り口近くにある。
また本殿の傍には珍しい白蛇を祀った小さめの祠があり、大人が身を屈めてようやく通れるくらいの岩を穿(うが)った隧(ずい)道(どう)を通っていかなければならない。

これから先に行くにはここで衆生(しゅじょう)の罪(つみ)穢(けが)れをそぎ落として行けと言わんばかりである。

そこは世に言う「かんながらの道」のようでもある。
私は例年、正月の二日に詣ることに決めていた。今年は体調を崩しそれは叶わなかった。
2月11日、建国記念日。天候は極めて晴れ晴れしくお参りには打って付けであった。意を決して参拝する。
果たして、いつになく霊験はあらたかであった。鳥居をくぐって参道を登っていく。階段の両袖に杉の大木が2 本づつ注連縄(しめなわ)が巻かれていた。注連縄には御幣(ごへい)が結わえられ御神木は一層荘厳である。
その御神木の由緒には佐賀の名木・古木登録番号18592 、樹種 杉樹齢推定400 年とあり昭和51 年に登録されるとあった。

image11.jpeg

廃仏(はいぶつ)毀釈(きしゃく)により檀家を持たない神社は急激に寂れていく。そして多くの社殿は苔むして神は鎮座されている風には見えない。空家と同じである。社殿が朽ち、当然のことのように鎮守の森も荒廃した。近所の神社も2 年に一度の神事があり俄(にわ)かに神がやってくる。
それに初詣のおりのご開帳を除けば、参詣する人は無い。因みに、ここの産土(うぶすな)は猿田彦である。
鎮守の森さえ守れないご時世に里山の復活を叫んだところで、例えは悪いが「仏作って魂入れず」と同じでは無いかと異様なまでの自然回帰趣味を訝(いぶか)っている。シニカルに表現すれば一種のグリーンウオッシャーと言えなくもない。かつて鎮守の森には、お宮さんがあって事あるごとにお参りをして、安寧を祈り、時に感謝を捧げてきたものである。その集いの中に自然発生的に繋がりと言うか地域社会が形成された。
かつて、日本では森羅万象のすべてに神が宿っていた。
日本人の心と直結していた。

image12.jpeg

今は寸断、遮断の時代であって、コミュニティーを避ける風潮さえ感じなくも無い。
日本人の心象の風景はすでに霞んで見えない。
林業の復活は我々日本人の祖先が抱いていたであろう木への畏敬を想起する事から始めるべきでは無いか?
この度、脊振神社の御神木を見るにつけ、ふとこんな事を思った。

関光放浪記第3章より

新築になった木造の石橋建築事務所を訪ねる

「空気質を究めた杉のオフィス」

今回の新築に伴うpress release のタイトルには「空気質を究めた杉のオフィス」とあります。
また、その建築特徴は以下の通りです。

1. 県産杉材を用いた木造大空間

佐賀県産の杉を用い、BP(Binding Pilling) 構法※1により木質大型空間を実現し、TKS構法※2で仕口や継手の金物を隠す事によりすっきりとした納まりとなり、美しい木肌をより際立たせる事ができた。内装材(床・壁)にも杉材を用いる事により、柔らかく温もりのある優しい室内空間を実現した。

※1 芯持ちスギ材を樹脂で圧着し 束ね重ねた材

 

2. 執務者のQOL(Quality Of Life)※3 の向上

空気質を高めるためCUSP(Clean Unit System Platform) ※3を導入し、クリーンな空気環境(ISO クラス7) を実現し衛生的で快適な執務空間を創った。

※2 スギBP材にあけた孔に鋼棒を挿して エポキシ樹脂系接着剤で固定

 

3. エコロジーアンドエコノミー建築

防露・調湿性に優れたセルロースファイバーを断熱材として屋根、外壁、床に採用し、人に優しい健康的な室内環境を創り、高気密アルミサッシュ(A-4) を採用し、漏気による空調時のエネルギーロスを最小限に留めた。
CUSP※4 システムと併せて空調運転することにより、外気導入による負荷をゼロにすることができ、極めて高い省エネルギー性能を実現した。
上記のごとく、極めて洗練された木質空間となっていた。
この事例は今後、県内の木造公共建築物に大いに影響を与えるだろう。

※3 ひとりひとりの人生の内容の質や社会的にみた生活の質

※4 清浄環境技術

関光放浪記第2章より

平成27年度「佐賀県しいたけ品評会」を開催しました。

 2月27日(土)、佐賀市兵庫町の“ゆめタウン佐賀”会議室において、佐賀県の主催により、平成27年度「佐賀県しいたけ品評会」を開催しました。
 この品評会は、県内のしいたけ生産者の栽培技術及び生産意欲の向上を図ることを目的に開催しています。

 今年度は、生しいたけ20点、乾しいたけ21点、合計41点の出品があり、厳正な審査の結果、生しいたけ部門の最優秀賞(県知事賞)は、川副正人さん(太良町)が、乾しいたけの最優秀賞(県知事賞)は、原正夫さん(唐津市)が受賞されました。また、優秀賞、佐賀県原木しいたけ栽培研究会長賞は、下記の方々が受賞されました。
 なお、表彰は新年度に行われる、原木シイタケ栽培研究会の総会時に行う予定です。

 審査終了後、“ゆめタウン佐賀”1階のセントラルコートにおいて、県産しいたけの試食販売も行いました。
 受賞者や出品者の方々はもとより、多くの生産者の方々が、今後とも一層、高品質な原木しいたけの栽培に励まれることを期待します。
県林業課 専技班

<受賞者>
○最優秀賞(県知事賞)
 【生しいたけ部門】 太良町  川副正人
 【乾しいたけ部門】 唐津市  原 正夫

○優秀賞
 【生しいたけ部門】 唐津市  原二三夫
 【乾しいたけ部門】 伊万里市 馬場憲雄

○佐賀県原木しいたけ栽培研究会長賞
 【生しいたけ部門】 唐津市  中山茂廣
 【乾しいたけ部門】 神埼市  末次 徹


平成26年度佐賀県しいたけ品評会 開催状況(ゆめタウン佐賀 会議室)


審査状況


審査状況


林業課長 あいさつの状況

  
講評の状況


受賞者あいさつ(知事賞 生しいたけの部 川副正人氏)


受賞者あいさつ(知事賞 乾しいたけの部 原 正夫氏)


展示販売の状況

  
最優秀賞(県知事賞)【乾しいたけ部門】 原 正夫氏(唐津市)生産の乾しいたけ


最優秀賞(県知事賞)【生しいたけ部門】 川副正人氏(太良町)生産の生しいたけ

竹の可能性

上の写真はおよそ5mmtに平板化された竹の写真です。製品化したのは島根県松江市にある株式会社ウッドスタイルという会社です。
おもては枯れた竹や青竹あるいは黒竹のイメージに合わせて塗装されています。
また、その色は空間の目的や嗜好にあわせることもできます。無論自然のままですから節の長さや形は不揃いです。
でも創造力を掻き立てる素晴らしい素材だと感心しました。つまり大きな可能性を秘めた素材と言えます。
そこでこの素材開発のコンセプトと技術革新、加えて環境に配慮する企業姿勢等についてはカタログから抜粋します。

1.竹の可能性について
竹は大変エコロジーな資源です。3、4年で成竹になり、非常に生命力も強く再生サイクルが早い循環型の植物です。しかも他の樹木と異なり、伐出後も
植樹する事無く新しい芽を出します。その上、成長が早い事で他の植物に比べ8から10倍ものCO2を吸収します。その特徴に着目し新技術を導入して多くの竹を商品化する事でCO2の削減はもとより放置竹林の拡大の防止と里山再生に竹の利活用の可能性を提案しています。

2.竹の平板化について
島根県との共同研究で丸い竹を2分割もしくは3分割し、平にすることに成功しました。しかも節や皮を残したままで。
従来、竹の平板化は表皮や肉を削ったものを接ぎ合せて集成していました。
それは竹には見えない代物でした。そこで弊社では自然の風合いを保つ為にあるいは誰が見ても竹だと分かるように竹を丸ごと幅70mmから100mm,長さ2000mmに平板化したのです。

以上、抜粋。

苦節10年。諦める事無く執拗に試行錯誤を重ねてきたからこそ初めて日の目を見たのです。
今後、このような技術開発により、竹の需要が増え、放置竹林の拡大防止に貢献していただければと願っております。

2015Yoka Wood Festival

今年の木工教室にあわせてデザインしたフリーボックスです。昨年まではかわいい小椅子を作って貰っていたのですが、今年は箱に挑戦してもらいました。
小椅子に比べると釘の数も多く組上げて行く順序もかなり難しくなりました。材料はもちろん佐賀県産の杉です。

厚みが12mmと24mmの板材と45mmの角材を釘を打ちながら組上げて行きます。特に組上げの後半は釘を打つのが難しくなります。
苦労が多い程、出来上がったときの喜びはひとしおです。およそ30~40分くらいで出来上がります。
この箱は同じものを上に重ねて使ったり、横に並べて使ったりできる設計になっています。しかもA-4サイズの書類が入る寸法です。書類の整理にあるいは野菜入れなど使用目的は作る人の自由です。
少し時間をかけて色を塗ったり文字を書いたりすると自分だけの楽しい空間ができます。どうぞ、家族みんなで楽しい部屋づくりしてみて下さい。

3.png