「さがつく木のインテリアデザイン創出事業」リノベーション物件を募集しています 7月28日(金)まで

 県では、著名なデザイナーのデザイン力を活用して、商業スペースや公共施設等を「木のインテリア(家具を含めた内装空間)」により、リノベーションを行い、県産木材を利用したデザイン力を磨き上げ、付加価値向上を図る「さがつく木のインテリアデザイン創出事業」を実施します。


 つきましては、「佐賀県産木材」地産地消の応援団に登録いただいている企業様を対象に、別添「募集要項」により、リノベーション物件を募集していますので、多数の応募をお待ちしています。
 
【添付ファイル】
 募集要項(PDF)
 応募用紙(PDF)
 募集チラシ(PDF)
 応募様式(Excel)

県産木材を利用した木造住宅の建築費用の一部を支援します(1回目)

県では、県産木材の利用拡大を図るため、県産木材を利用した木造住宅の建築費用の一部を支援します。

多くの皆さまのご応募をお待ちしています。

1 事 業 名 平成29年度ふるさと木材利用拡大推進事業
2 助成内容 500千円/棟
3 助成対象 次の各号のいずれにも該当する住宅の建築主とします。
(1)県内に自らまたは家族が居住するために新築する一戸建ての木造住宅であること
(2)構造耐力上主要な部分(基礎及び基礎杭を除く。)のうち、土台、大引、柱、横架材(桁、梁類)、斜材(筋かい、火打材類)、小屋組の部分の木材使用量のうち、県産木材を体積比で60%以上使用すること。かつ、外装又は内装に県産木材を10平方メートル以上使用すること
(3)「佐賀県産木材」地産地消の応援団に認定されている大工・工務店が建設する木造住宅であること
(4)使用する木材については、合法木材及び県産木材の証明ができること
(5)補助対象の住宅に申し込みをした年度の12月末日までに完了する住宅であること(着手日については特に定めていません)
(6)さがの木の住まいコンクールに応募する住宅であること
(7)県税に未納がないこと
4 募集戸数 15棟(応募多数の場合は抽選をします。)
5 募集期間 平成29年6月12日(月曜日)
~平成29年7月31日(月曜日)
受付時間9時~17時(土日祝日除く)
6 受付場所
   及び
 問合せ先
一般社団法人佐賀県木材協会
〒840‐0027 佐賀市本庄町大字本庄278番地4
電話番号 0952-23-6181

募集チラシ(PDF:497.6キロバイト)

佐賀県ふる郷の木づかいプロジェクト事業補助金交付要綱及び実施要領の制定

 県では、県産木材の利用を拡大するため、木材の生産・加工流通業者(「佐賀県木材業者及び製材業者登録条例」に基づき登録された者)及び「佐賀県産木材」地産地消の応援団に登録されている、大工・工務店、建築設計事務所または、それらで組織する団体等が行う施設整備及び県産木材のPR活動に対し支援を行います。

1 支援の内容(事業メニュー)
 (1)さがの木施設整備支援事業
    県産木材を製材・販売する製材業者等が整備する施設整備について支援
 (2)さがの木の家デザイン支援事業
    「佐賀県産木材」地産地消の応援団(大工・工務店、建築士事務所)がコラボし制作した、
    県産木材を使用した木造住宅プランの設計費用について支援
 (3)さがの木でつながる家づくり応援事業
     県産木材を使用した木造住宅づくりの一環として開催するイベント等の経費について支援
 (4)さがの木の家具等開発チャレンジ支援事業
     県産木材を利用した家具や木製品等の開発及び利用促進に係る経費について支援
 (5)さがの木天然乾燥木材生産支援事業
     県産天然乾燥木材の生産に必要な経費の一部について支援

2 補助の条件等
   補助をうける条件については、支援の内容(事業メニュー)ごとに、補助金交付要綱
  及び実施要領に定めておりますので、下記添付ファイルをご覧下さい。
    なお、事業の詳細については、県林業課又は県の現地機関(農林事務所林務課)
  へお尋ねください。

佐賀県ふる郷の木づかいプロジェクト事業費補助金交付要綱(PDF:198.6キロバイト)

佐賀県ふる郷の木づかいプロジェクト事業実施要領(PDF:241.4キロバイト)

 

お問い合わせは
農林水産部 林業課
電話:0952-25-7130
ファックス:0952-25-7283
メール ringyou@pref.saga.lg.jp

佐賀県ふるさと木材利用拡大推進事業交付要綱・実施要領の一部改正

 県では、県産木材の利用を拡大するため、民間木造住宅の新築費用の一部を支援し、民間住宅の木造化を推進するとともに、
自治会公民館等の木造化や公共施設等における県産木材を使用した木製品やペレットストーブ等の整備に支援を行います。

1 支援の内容(事業メニュー)
 (1)木造住宅の整備
    木造住宅を新築する場合に経費の一部を助成

 (2)県産木材のPR活動
    県産木材を使用した住宅見学会、家の材料となる木を見(伐り)に行くツアー、SNSによる情報発信等に係る経費を助成

 (3)木造公共的施設整備
    自治会等が整備する公共的施設の木造化を行う場合に経費の一部を助成

 (4)公共施設等の木製品の導入
    公共施設等における木製品(机・椅子(教卓、戸棚、本棚、テーブル、ベンチなどの備付けの木製品)、玩具等)の導入を
   行う場合に経費の一部を助成

 (5)ペレットストーブ等の導入
    公共施設等におけるペレットストーブ等の導入を行う場合に経費の一部を助成

2 補助の条件等
    補助をうける条件については、支援の内容(事業メニュー)ごとに、補助金交付要綱
  及び実施要領で定めておりますので、下記添付ファイルをご覧下さい。
    なお、事業の詳細については、県林業課又は県の現地機関(農林事務所林務課)
  にお尋ねください。

 

佐賀県ふるさと木材利用拡大推進事業費補助金交付要綱(PDF:254キロバイト)

佐賀県ふるさと木材利用拡大推進事業実施要領一部改正(PDF:239.3キロバイト)

お問い合わせは
農林水産部 林業課
電話:0952-25-7130
ファックス:0952-25-7283
メール ringyou@pref.saga.lg.jp

県産木材を利用した木造住宅の建築費用の一部を支援します

県では、県産木材の利用拡大を図るため、県産木材を利用した木造住宅の建築費用の一部を支援します。
多くの皆さまのご応募をお待ちしています。

事業名
平成28年度ふるさと木材利用拡大推進事業
(全体事業期間平成27年度~平成31年度)

助成内容
500千円/棟

助成対象
次の各号のいずれにも該当する住宅の建築主とします。

(1)県内に自らまたは家族が居住するために新築する一戸建ての木造住宅であること。

(2)構造耐力上主要な部分(基礎及び基礎杭を除く)のうち、土台、大引、柱、横架材(桁、梁類)、斜材(筋かい、火打材類)、小屋組の部分の木材使用量のうち、県産木材を体積比で60%以上
使用すること。かつ、外装又は内装に県産木材を10平方メートル以上使用すること。

(3)「佐賀県産木材」地産地消の応援団に登録している大工・工務店が建設する木造住宅であること。

(4)使用する木材については、合法木材及び県産木材の証明ができること。

(5)補助対象の住宅に申し込みをした年度の12月末日までに完了する住宅であること。

(6)さがの木の住まいコンクールに応募する住宅であること。

(7)県税に未納がないこと。

詳しくは、下記の一般社団法人佐賀県木材協会の
HPをご覧ください。
http://www.sagamokukyo.jp/furusato.html

募集期間
平成28年9月15日~平成28年11月30日

募集戸数
30棟(応募多数の場合は抽選をします)

H28ふるさと木造住宅募集チラシ

「木のインテリアアドバイザー養成ワークショップ」のメンバーを募集します。

県では、平成28年度から「さがつく木のインテリアデザイン創出事業」を創設し、著名なデザイナー(馬場正尊氏)のデザイン力を活用して、商業スペースやオフィス等を「木のインテリア(家具を含めた内装空間)」により、リノベーションを行い、県産木材を利用したデザイン力を磨き上げ、付加価値向上を図りたいと考えています。

現在、「佐賀県産木材」地産地消の応援団(大工・工務店の登録企業)の皆様から、リノベーション物件の募集を行っていますが、今回の事業では、リノベーションを行う3棟の物件ごとにグループを形成し、ワークショップを実施しながら一緒に物件を創りあげることとしています。

グループには、トップデザイナーである馬場正尊氏と各デザイナーが参加し、リノベーションを実施する際の考え方やノウハウなどを学びながら、参加されたメンバーの皆様の技術力を融合させ、佐賀ならではの「木のインテリア」を創りあげたいと考えています。

また、本事業では、デザイン性の優れた「木のインテリア」を設計・提案できる人材の育成に取り組むこととしています。ぜひこの機会に、リノベーションのノウハウを学び、スキルアップを図りませんか?
皆様からの多数の応募をお待ちしています。

ワークショップについて

物件の設計・監理は専属のデザイナー兼建築士が担当しますが、参加された川上~川下のメンバーと意見交換をしながら、佐賀の山のことを学びながら「佐賀ならでは」の「木のインテリア」の設計を創りあげます。

メンバーの方々には、それぞれの立場から専門的な知識や経験に基づく提言を行っていただきます。

募集メンバー
丸太生産者、製材業、木材店、家具・建具店、設計士、大工・工務店

ワークショップ開催日程について

1)設計前(7月)、2)設計完了後(10月)、3)施工完了後(1月)の計3回予定

ワークショップで期待されること

・リノベーションを実施する際の考え方やノウハウが学べる
(単なる内装木質化ではなく、デザインによる木の見せ方や使い方を学ぶ)

・人脈の形成(終了後も続くメンバーとのネットワークによる事業展開が可)

・「木のインテリアアドバイザー」として県のHP等で紹介する

参加申込書:ワークショップ参加申込書.docx 

応募先・お問い合わせ先
■株式会社STSエンタープライズ 担当:川原
〒840-0023 佐賀県佐賀市本庄町大字袋286-5
TEL:0952-24-3222
FAX:0952-24-5792

佐賀県内にてリノベーションを行う物件を募集しています。

県では、平成28年度から「さがつく木のインテリアデザイン創出事業」を創設し、著名なデザイナーのデザイン力を活用して、商業スペースやオフィス等を「木のインテリア(家具を含めた内装空間)」により、リノベーションを行い、県産木材を利用したデザイン力を磨き上げ、付加価値向上を図りたいと考えています。
つきましては、本事業のリノベーション物件の募集について、「佐賀県産木材」地産地消
の応援団に登録いただいている企業様を対象に、別添(資料1)により物件を募集します
ので、多数の応募をお待ちしています。
また、併せて本事業の説明会を下記のとおり開催しますので、御多忙とは存じますが、
何卒御出席いただきますようお願い申し上げます。
説明会日時・場所
日時:平成28年6月17日(金曜日)10:00~
場所:佐賀総合庁舎2F2号会議室(佐賀県佐賀市八丁畷町8ー11)

リノベーション物件募集要項
リノベーション物件募集要項.pdf

応募申込書
リノベーション応募用紙.xls

デザイナー紹介
募集チラシ.pdf

 

応募先・お問い合わせ先
■株式会社STSエンタープライズ 担当:川原
〒840-0023 佐賀県佐賀市本庄町大字袋286-5
TEL:0952-24-3222
FAX:0952-24-5792

平成28年度県産木材利用推進プロジェクト会議を開催しました。

5月17日(火)、佐賀市本庄町の佐賀県森林会館において平成28年度県産木材利用推進プロジェクト会議を開催しました。
会議には、県産木材の生産・流通・加工・消費者団体の代表者や学識経験者、行政代表者などに御出席いただき、事務局から県産木材の生産拡大と需要拡大に向けた昨年度の活動実績や今年度の活動計画を説明した後、意見交換を行いました。

<H27年度の活動実績の報告>
1木材生産拡大の活動状況
・主伐(更新伐)の推進
・高性能林業機械のレンタル支援
・林業技術者育成セミナーの開催
・先進地事例研修会の開催(鹿児島県)
2木材需要拡大の活動状況
・県産木材の販路拡大に向けた広報・PR活動
よかウッドホームページ、
ウッドパークinモラージュ、諸富家具市2015、
第10回がばいじゃーもく祭り
・「佐賀県産木材」地産地消の応援団の活動支援
・公共建築物の設計者等を対象とした木材利用技術セミナーを開催
・県産乾燥木材(AD材)の生産に対する支援
・木とふれあうイベント「よかウッドフェスタ」の開催

<委員からの主な意見等>
○主伐の面積は増えてきているのか
○コンテナ苗についての利点や価格など
○更新伐について
○木材活用の中でのリフォームや身近に使える木材の活用
○自治会公民館への補助事業について
○木製の机・椅子は、いいものだが単価が高くなりジレンマが生じる。
○未利用木材の活用には、バイオマス発電や間伐紙向けの補助事業の
展開がますます必要になる。

今回の会議での御意見等を踏まえて、今後とも、関係機関と連携し、県産木材の生産と需要の拡大に努めていきたいと思います。

県産木材利用推進プロジェクト会議 事務局(県林業課 林産振興担当) 下田

0530001.png

平成28年度県産木材利用推進プロジェクト会議(佐賀県森林会館にて)

0530002.png

0530003.png

0530004.png

事務局から取組内容を説明した後、意見交換を実施。

「Life with wood」

0420-01.png
県では、県産木材をふんだんに使用し、「木の心地よさ」や「かっこよさ」をアピールできる魅力的なデザインの「さがの木の住まい」を募集し、コンクールを開催しました。

この度、コンクールの作品集ができあがりましたので、お知らせします。
もうすぐ、皆さんの手元に届くかと思いますので、お待ち下さい。

0420-02.pngのサムネール画像

山を元気にするためには、サイクルの循環が必要です。

木を伐る→つかう→植える→育てる→木を伐る

さがで育った多くの木は伐採期を迎え、
皆さんに使われるのを待っています。

皆さんも「木のある生活」
はじめてみませんか。

「佐賀県産木材」地産地消の応援団を募集しています

県では、県産木材を積極的に利用・PRする企業・団体等を募集し、「佐賀県産木材」地産地消の応援団に登録しています。

「佐賀県産木材」地産地消の応援団に登録された場合、県産木材利用推進プロジェクトのホームページ等で広報宣伝を行うなど、佐賀県産木材と企業・団体等の知名度の向上による相乗効果により、県産木材の需要拡大が図れることが考えられます。

また、今年度から県産木材の利用拡大を図るため、県産木材を利用した木造住宅の建築費用の一部を支援する「平成27年度ふるさと木材利用拡大推進事業」を創設したところです。

本事業の助成対象となる住宅の建設は、「佐賀県産木材」地産地消の応援団が取り扱う住宅としています。多くの企業・団体様のご応募をお待ちしています。

登録要領
PDFファイルが開きます

様式については、下記のとおり
Excellファイルが開きます

応援団のメリット

1.補助事業の活用
(1)県産木材利用住宅等PR支援事業

県産木材利用住宅展示会等を開催する場合の新聞広告料、チラシやパネル等の作成、展示会場の設営等に係る費用の補助(定額:200千円以内/企業)

(2)ふるさと木材利用拡大推進事業

ア さがの木の住まいコンクールの開催
本年度から、佐賀県産木材(以下「県産木材」という。)のイメージアップを図るため、県産木材をふんだんに使用し、「木の心地よさ」や「かっこよさ」をアピールできる魅力的なデザインの「さがの木の住まい」を募集し、木造住宅コンクールを開催することとしています。

コンクールの詳細については、随時HP等でお知らせします。 

イ 県産木材PR活動
県産木材を使用した住宅見学会、家の材料となる木を見にいくツアー、SNSによる情報発信等に係る経費を助成(定額:200千円以内/企業)
    
ウ 木造住宅の整備
木造住宅を新築する場合に経費の一部を助成(定額:500千円/棟)
※本メニューの事業主体は個人(木造住宅施主)です。

2.情報提供
県産木材に係る様々な情報について、メールや郵送によりお知らせします。

お問い合わせ先

■平成27年度ふるさと木材利用拡大推進事業
(木造住宅整備・県産木材PR活動に係る分)については

一般社団法人佐賀県木材協会
〒840-0027 佐賀県佐賀市本庄町大字本庄278-4
TEL:0952-23-6181

■「佐賀県産木材」地産地消の応援団については

県庁 林業課 林産振興担当
〒840-8570 佐賀県佐賀市城内1丁目1-59
TEL:0952-25-7133 FAX:0952-25-7283