県産木材を使用した家具・木製品の開発に係る経費の一部を支援します。

 県では、県産木材の利用拡大を図るため、県産木材を使用した家具や木製品等の開発について、意欲ある団体等から効果的な提案を募集し、優れた提案をした団体等にその開発費の一部を支援します。
 多くの皆さまからのご応募をお待ちしております。

 

応募団体
 2団体程度

 

対象となる事業
 県産木材を使用した家具や木製品等の開発及び利用促進に係る取組

 

補助対象経費、補助率及び補助上限額

(1) 補助対象経費
  補助事業者が県産木材を使用した家具等を開発する際に要する経費
需用費(材料費、印刷費・消耗品費等)
役務費(通信運搬費、普及宣伝費等)
委託料(試験費等) 等
(2) 補助率及び補助上限額
  定額(300千円以内/団体)
ただし、補助金は定額単価と実際に事業に要した経費を比較して低い額とする。

 

応募の方法

(1) 提出書類
  ①提案書(第1号様式)
②見積書(第2号様式)
③団体等に関する調書(第3号様式)
④誓約書(第4号様式)
(2) 応募方法
  (1)に定める提出書類を作成し、郵便または持参により(3)の応募先に提出してください。
応募書類は、担当課窓口又は佐賀県ホームページで配布・配信しております。
(3) 応募先
  担当課:佐賀県 農林水産部 林業課 林産担当
(4) 応募期間
  令和元年6月19日(水曜日)から令和元年7月31日(水曜日)まで(厳守)
※郵便の場合は、当日の消印有効とします。
※応募期間内に提出書類がすべて提出されたものを有効とします。

 

添付ファイル

 

【お問い合わせ及び書類の提出先】

農林水産部 林業課 林産担当
〒840-8570
佐賀県佐賀市城内1丁目1番59
TEL:0952-25-7133
FAX:0952-25-7283
メール:ringyou@pref.saga.lg.jp

佐賀県産木材地産地消の応援団を募集しています

県では、県産木材を積極的に利用・PRする企業・団体等を募集し、佐賀県産木材地産地消の応援団に認定しています。

佐賀県産木材地産地消の応援団に認定された場合、ふる郷の木づかいプロジェクトのホームページ等で広報宣伝することで、佐賀県産木材と企業・団体等の知名度の向上により、県産木材の需要拡大を図ることができます。

また、本応援団は、県産木材の利用拡大を図るため、県産木材の安定供給に向けた取り組みを行う事業に要する経費の一部を補助する「ふる郷の木づかいプロジェクト事業」や、同プロジェクト内の県産木材を利用した木造住宅の建築やリノベーションに係る費用の一部を支援する「ふるさと木材利用拡大推進事業」の補助事業を活用することができます。
詳しい事業内容等については下記の連絡先へお問い合わせください。

・認定要領
 <PDFファイルが開きます>

・様式
 <Excelファイルが開きます>

 

応援団のメリット

1.補助事業の活用

(1)ふる郷の木づかいプロジェクト事業(H29~R3)

ア さがの木の家デザイン支援事業
佐賀県産木材地産地消の応援団と建築士(デザイナー)がコラボし制作した、県産木材を使用した木造住宅プランの設計費用について支援(定額:300千円以内/企業)

イ さがの木でつながる家づくり応援事業
県産木材を使用した木造住宅づくりの一環として開催するイベント等の経費について支援(定額:300千円以内/グループ)

ウ さがの木の家具等開発チャレンジ支援事業
県産木材を利用した家具や木製品等の開発及び利用促進に係る経費について支援(定額:300千円以内/団体)

 

(2)ふるさと木材利用拡大推進事業(H27~R1)

ア 木造住宅の整備
木造住宅の新築に要する経費の一部を支援(定額:300千円/棟)
※本メニューの事業主体は個人(木造住宅施主)です。

イ リノベーション施設の整備
非住宅施設のリノベーションに要する経費の一部を支援(定額:200千円/棟)
※本メニューの事業主体は個人(リノベーション施設施主)です。

ウ 県産木材PR活動
県産木材を使用した住宅見学会、家の材料をなる木を見(伐り)にいくツアー、SNSによる情報発信等に係る経費を助成(定額:150千円/社)

 

2.情報提供

県産木材に係る様々な情報について、メールや郵送によりお知らせします。

 

お問い合わせ先

佐賀県庁 農林水産部 林業課 林産担当
〒840-8570 佐賀県佐賀市城内1丁目1-59
TEL:0952-25-7133 FAX:0952-25-7283

佐賀県ふるさと木材利用拡大推進事業 補助金交付要綱・実施要領の一部改正について

 県では、県産木材の利用を拡大するため、民間木造住宅の新築費用の一部を支援し、民間住宅の木造化を推進するとともに、自治会公民館等の木造化や公共施設等における県産木材を使用した木製品等の整備に支援を行います。

 

1 支援の内容(事業メニュー)

(1) 木造住宅の整備
木造住宅を新築する場合に経費の一部を助成
   
(2) リノベーション施設の整備
非住宅をリノベーションする場合に経費の一部を助成
   
(3) 県産木材のPR活動
県産木材を使用した住宅見学会、家の材料となる木を見(伐り)に行くツアー、
SNSによる情報発信等に係る経費を助成
   
(4) 木造公共的施設整備
自治会等が整備する公共的施設の木造化を行う場合に経費の一部を助成
   
(5) 公共施設等の木製品の導入
公共施設等における木製品(机・椅子、(教卓、戸棚、本棚、テーブル、ベンチなどの備付けの木製品)、玩具等)
の導入を行う場合に経費の一部を助成

 

2 補助の条件等

 補助を受ける条件については、支援の内容(事業のメニュー)ごとに、補助金交付要綱及び実施要領で定めておりますので、下記添付ファイルを御覧ください。

 なお、事業の詳細については、県林業課又は県の現地機関(農林事務所林務課)にお尋ねください。

平成30年度「さがの木の住まいコンクール」の受賞者が決定しました

 県では、佐賀県産木材のイメージアップを図るため、佐賀県産木材をふんだんに使用し、「木の心地よさ」や「かっこよさ」をアピールできる魅力的なデザインの木造住宅を募集し、さがの木の住まいコンクールを開催しました。
 この度、下記のとおり受賞者を決定しましたので、お知らせします。
 なお、本コンクールの、最優秀賞及び優秀賞の受賞者(3社)については、サガテレビにおいて、3月1日から3月9日の日程で、コマーシャル放送を予定してしますので是非御覧ください。
 ※放送予定時間については、現在調整中のため、決定しだい追記します。

1 主 催 佐賀県
2 応募数 24社44邸
3 受賞者

・最優秀賞(佐賀県知事賞)
  施工:古川建築株式会社(所在地:佐賀市)
  設計:古川建築株式会社(所在地:佐賀市)

・優秀賞(ふる郷の木づかいプロジェクト会議委員長賞)
  施工:株式会社ルームデザインファクトリー(所在地:小城市)
  設計:ルームデザインファクトリー建築士事務所(所在地:小城市)

・優秀賞(一般社団法人佐賀県木材協会代表理事会長賞)
  施工:森田建築(所在地:嬉野市)
  設計:ie工房弘祐(所在地:鹿島市)

・入賞(佐賀新聞社賞)
  施工:株式会社坂井建設(所在地:佐賀市)
  設計:鶴丸設計事務所(所在地:多久市)

・入賞(サガテレビ賞)
  施工:福田建設株式会社(所在地:佐賀市)
  設計:宙工房(所在地:佐賀市)

平成30年度さがの木の住まいコンクール受賞者一覧(PDF)

平成30年度「さがの木の住まいコンクール」を開催します

 県では佐賀県産木材のイメージアップを図るため、佐賀県産木材をふんだんに使用し、「木の心地よさ」や「かっこよさ」をアピールできる魅力的なデザインの「さがの木の住まい」を募集し、木造住宅コンクールを開催します。
 本コンクールによって集まった優れた事例を広く県民に紹介し、佐賀県産木材の利用の意義や木造建築への関心や理解を深めるなど、佐賀県産木材に対する「意識」の向上を図ります。
 たくさんの御応募お待ちしております。

応募要領の詳細は以下の開催要領を参照ください。

開催要領(PDF)

チラシ(PDF)

 様式については以下からダウンロードしてください。

応募様式(Word)

対象住宅

○構造:木造
・構造耐力上主要な部分(基礎及び基礎杭を除く)の内、土台、柱(間柱を除く)、横架材(はり、けた類)、斜材(筋かい、火打ち類)、小屋組の木材使用量のうち、県産木材を体積比で60%以上使用すること。
○種別:新築
○用途:戸建て住宅
○規模:延べ床面積280m2以下
○建設地:佐賀県内
○建設完了時期:平成30年1月1日~平成30年11月30日

応募期限

○平成30年11月30日まで
 (郵送の場合は、当日の消印があるものは有効とします。)

応募資格及び応募点数

○応募者は佐賀県産木材地産地消の応援団の大工・工務店とします。
 (平成30年11月30日時点で応援団に認定されている企業)
 なお、応募する際は別紙(様式6)により、建築主の同意を得てください。
○応募数についての制限はありません。

申し込み・お問い合わせ先

株式会社エンターアイ
さがの木の住まいコンクール係
住所:〒840-0023
佐賀県佐賀市本庄町大字袋286-5
サガンスクエアビル2F
TEL:0952-24-3222

県産木材を利用した木造住宅の建築費用の一部を支援します(2回目)

県では、佐賀県産木材の利用拡大を図るため、県産木材を利用した木造住宅の建築費用の一部を支援します。
多くの皆さまの御応募をお待ちしています。

事業名 

平成30年度ふるさと木材利用拡大推進事業

助成内容

500千円/棟

助成対象

次の各号のいずれにも該当する住宅の建築主とします。
(1)県内に自らまたは家族が居住するために新築する一戸建ての木造住宅であること。
(2)構造耐力上主要な部分(基礎及び基礎杭を除く。)の内、土台、大引、柱(間柱を除く。)、横架材(桁、梁類)、斜材(筋かい、火打材類)、小屋組の部分の木材使用量のうち、県産木材を体積比で60%以上使用すること。かつ、外装又は内装に県産木材を10㎡以上使用すること。
(3)佐賀県産木材地産地消の応援団に認定されている大工・工務店が建設する木造住宅であること。
(4)使用する木材については、合法木材及び県産木材の証明ができること。
(5)補助対象の住宅に申込みをした年度の12月末までに完成する住宅であること。
(6)さがの木の住まいコンクールに応募する住宅であること。
(7)県税に未納がないこと。

募集戸数

15棟
応募多数の場合は抽選をします。(12月7日午後予定)

募集期間

平成30年10月18日(木曜日)~平成30年11月30日(金曜日)

受付場所及び問合せ先

一般社団法人佐賀県木材協会
住 所 :〒840-0027
佐賀市本庄町大字本庄278番地4
電話番号:0952-23-6181
受付時間:9時~17時(土日祝日は除く。)

添付ファイル

募集要領(PDF)

「さがつく木のインテリアデザイン創出事業」のリノベーション(内装木質化)を担当するデザイナーを選定するため、「佐賀の木空間再生コンペ」を実施します

 佐賀県では、リノベーションを通じて佐賀県産木材をPRする「さがつく木のインテリアデザイン創出事業」を行っています。
 今年度は、「佐賀の木空間再生コンペ」と題して、佐賀県産木材を利用したリノベーション(3物件)を担当するデザイナーを幅広く募集し、施主様のイメージに合った設計が可能なデザイナーを選定します。
 ついては、下記のとおり10月21日(日曜日)に企画コンペを開催しますので、御連絡します。

1 参加資格

  参加資格はありません。

2 物件

  佐賀県内のリノベーション最大3物件(100平米未満)

3 設計・監理費

  各50-150万円(事務局で面積、難易度など総合的に勘案する。設計者のサポートが必要な参加者は仕事量で按分する。)

4 1次課題発表

  平成30年10月20日(土曜日)午前10時00分
 「佐賀の木空間再生コンペ」サイトで発表する。
     URL: http://saganoki.info/
  大人、小人を問わず、誰でも参加できるよう専門的能力を必要としない課題を設定し、
  提案者のデザイン能力や社会性、考え方などを把握する。

5 1次課題提出

  日時:10月21日(日曜日)午前8時30分から10時00分まで 
  提出場所:伊万里公民館
  ・課題提出は、会場に直接持ち込みのみ可とする。
   (特別な機材が必要な場合は、各自用意する。)
  ・提案者の氏名、所属は、表記しない。

6 1次審査

  日時:平成30年10月21日(日曜日)午後1時30分
  場所:伊万里公民館
    提出された提案の中から、12提案程度選出し、
    その後、公開審査において6提案に絞る。

7 最終審査

  11月初旬
  プレゼンテーション方式により、物件ごとの設計者を決定する。 

8 選定後のスケジュール 

  11月中旬 リノベーション設計案の最終決定
  2月中旬  物件の工事完成

9 問い合わせ先

  佐賀の木 空間再生コンペ事務局(NPOまちづくり研究所)
  メールアドレス:saganokisaisei@gmail.com
  ※コンペに関する質問と回答は、「佐賀の木空間再生コンペ」サイトですべて公開する。

添付ファイル

  ・募集チラシ(PDF)