木の家の種類

軸組工法(在来工法)

長い経験と工夫を組み合わせて発達した伝統工法に、特に耐震性を向上させた工法です。
柱・梁・土台を木の軸組で構成し、壁や屋根などの荷重を受け、水平方向の力に対しては、筋交い、火打ちなどの斜め材を入れることで安定させます。

長所

  • 設計の自由度が高く、増改築などがしやすい
  • 通気性が高い
  • 伝統工法を受け継いでいるので、気候風土に一番適している
  • 洋風、和風のどちらのデザインも選ぶことができる

短所

  • 職人の腕に左右される部分が大きい
  • 断熱性が比較的低い
構造 完成

 

木質パネル工法(プレハブ)

住宅の床・壁などの構造体をパネルとして、あらかじめ工場生産した後、現場に搬送し組み立てる工法です。
パネルは、格子組のフレームに合板をプレスし、接着して作られます。

長所

  • 工期が比較的短い
  • 部材の品質にバラツキが少ない
  • 職人の腕に左右されることが少ない

短所

  • 間取りやデザイン等がある程度制約される
  • パネルが搬送できる敷地に限られる

プレハブ構造の模式図

 

枠組壁工法(ツーバイフォー)

北米で発達した工法で、部材の断面寸法が主に2インチ×4インチ(5.08cm×10.16cm)の細い柱を短い間隔で配置し、構造用合板を張り耐力壁とする工法です。
自重や地震、台風などの外力を面で受け止め、箱全体に力を分散させるため、丈夫で歪みにくい6面体の箱形工法です。

長所

  • 職人の腕に左右されることが少ない
  • 耐震性に優れている
  • 機密性が高く、断熱性が高い

短所

  • 大きな開口部やコーナー部分の開口部の確保が制約されることがある
  • 増改築が制限されることがある
  • 他工法に比較して結露がおこりやすい


社団法人 日本ツーバイフォー建築協会より転載)