建物一覧

  • 観音の滝 総合案内施設「多の四季」

    観音の滝 総合案内施設「多の四季」
    所在地唐津市七山滝川277-2
    完成年月平成2年3月
    構造木造平屋建
    規模195平方メートル
    実施主体唐津市
    特徴

    在来軸組工法による建築で、周辺の環境にマッチするように円錘の屋根を中心として左右に切妻屋根を配置しています。内部の柱や梁に多くの木材を使用し木の特性を生かした建物です。

    地図はこちら

  • 波戸岬 海浜の家

    波戸岬 海浜の家
    所在地唐津市鎮西町波戸1616-1
    完成年月昭和61年3月
    構造木造平屋建
    規模136平方メートル
    実施主体唐津市
    特徴

    自然の木肌を活かした杉丸太を使用したログハウスです。木のベンチや囲炉裏等を配置し玄海国定公園の景観にあった建物になっています。

    地図はこちら

  • クラフトセンター「ピノキオの家」

    クラフトセンター「ピノキオの家」
    所在地伊万里市大川内町丙668-1
    完成年月平成元年6月
    構造木造2階建
    規模239平方メートル
    実施主体伊万里市
    特徴

    在来軸組工法による建築で、壁・床・ベンチ等に使用されている木材のほとんどが地域材です。また自然に木工芸が楽しめるように空間を活かした建物となっています。

    地図はこちら

  • 厳木小学校平之分校

    厳木小学校平之分校
    所在地唐津市厳木町大字平之705-1
    完成年月平成2年3月
    構造木造平屋建
    規模571平方メートル
    実施主体唐津市
    特徴

    在来軸組工法の校舎で、町内産及び県内産の木材を使った木材需要拡大のモデル的な木造建築物です。

    地図はこちら

  • 地域休養施設「とり越荘」

    地域休養施設「とり越荘」
    所在地鳥栖市河内町字鳥越2352
    完成年月平成元年6月
    構造木造及び鉄筋コンクリート併用平屋建
    規模788平方メートル
    実施主体鳥栖市
    特徴

    玄関はトラス小屋組で、主要構造材及び内装材に木材をふんだんに使用し、木材の特性を生かして休養効果を向上させ、地域林業の振興を図った木造建築物です。

    地図はこちら

  • 北鹿島体育館

    北鹿島体育館
    所在地鹿島市大字井手字五本松1529-1
    完成年月平成2年
    構造木造及び鉄筋コンクリート併用平屋建
    規模1.127平方メートル
    実施主体鹿島市
    特徴

    構造材に集成材を使用し、柱と梁が一体となった大断面構造になっています。外観も合掌造りで落ちついた造りと、木の温もりを感じてもらえるように全体の80%が木造となっています。

    地図はこちら

  • 北山東部小学校

    北山東部小学校
    所在地佐賀市富士町大字古場1514-2
    完成年月平成2年3月
    構造本造一部2階建
    規模1.200平方メートル
    実施主体佐賀市
    特徴

    県立自然公園内の21世紀県民の森に隣接しているため、これにマッチしたデザインであること。また、県内でも有数の林業地であるため、地域材の利用促進を図った、うるおいと温かみのある木造校舎です。

    地図はこちら

  • 脊振中学校

    脊振中学校
    所在地神埼市脊振町広滝594-1
    完成年月平成1年3月
    構造木造2階建 一部鉄筋コンクリート造
    規模1.909平方メートル
    実施主体神埼市
    特徴

    ヒノキ材を主に使用した学校で、柱14.5センチ角、床板6センチを使用しています。玄関には自然木のシンボルツリーを配し、一部天井部に丸太を使用しているため、暖かさと安らぎのある学校です。

    地図はこちら

  • 白石町研修センター「うたがき自然の家」

    白石町研修センター「うたがき自然の家」
    所在地杵島郡白石町大字堤字船野山3782-130
    完成年月昭和61年3月
    構造木造平屋
    規模173.89平方メートル
    実施主体白石町
    特徴

    在来軸組工法による建築で、壁は丸太押し込み法により、ログハウス風の施設となっています。内壁も総木材で、しかも建物からの景観もすばらしく、自然にマッチした施設です。

  • 小城市三日月野外研修センター

    小城市三日月野外研修センター
    所在地小城市三日月町大字織島2-37
    完成年月昭和61年3月
    構造木造平屋、木造2階
    規模397平方メートル(研修棟、宿泊棟)
    実施主体小城市
    特徴

    在来軸組工法による建築で、内壁、外壁にスギ半割材を使用しているため、丸太作り風です。また、デザインも自然にマッチしたペンション風で、屋根、ベランダ構造に変化をもたせ、見る角度により、さまざまな造形美が創り出されるよう工夫されています。

    地図はこちら