安全な服装

刈払機作業の基本

服装と保護具

安全に作業が出来る服装等を着用すること

  1. そでじまり、すそじまりの良い服装を着用
  2. 滑りにくく、丈夫な履き物を着用
  3. あごひもをしっかり締め、保護帽を正しく着用
  4. 耳栓(イヤーマフ)、防塵眼鏡を着用


出典:林業・木材製造業労働災害防止協会

 

安全な伐木造材作業

服装と保護具

安全の第一は、服装と保護具。次の基本を守って着用すること

  1. 服装は、そでじまりのよい長そで上衣、すそじまりのよい長ズボンを着用。履物は、足に合った、滑りにくいものを着用。
  2. 保護具(保護帽、防振手袋、耳栓、呼子、保護眼鏡等)は、正しく着用


出典:林業・木材製造業労働災害防止協会

 

チェーンソーの扱い

伐倒作業の基本

チェーンソーの点検整備と正しい目立てが大切

チェーンソーは、点検・整備を十分に、目立ては適時に正しく行い、常に最良の状態で使用すること。

  1. 外部の清掃、外部から見える異常の有無、安全装置の機能の点検を行い、異常を認めたときは、補修など適切な措置。
  2. ソーチェーンは、損傷がなく、正しく目立てしたものを使用。正しい目立ては、安全で振動障害の予防にも役立つ。


出典:林業・木材製造業労働災害防止協会

 

伐倒前の確認・退避

退避場所の選定と確実な退避

退避場所は、必ずあらかじめ選定し、確実に退避すること。

  1. 受け口を切る前に、退避場所を、選定したか、退避路を確保したかを確認。
  2. 退避場所は、伐倒方向の反対側の斜面上方で伐倒木から3m以上離れた立木等の陰とし、追い口が浮き始めたら、直ちに、伐倒木を見返ることなくすばやく退避。


出典:林業・木材製造業労働災害防止協会

 

造材作業の基本

ためしば・ため枝、キックバックは危険

枝払い作業は、次の点に注意して行うこと。

  1. ためしば、ため枝は内側からのこ目を入れ、ついで外側から切っておく。
  2. 枝払いは、材の山側で、元口から先端に向かって作業。
  3. 枝払いは、できるだけガイドバーの根元の部分を使って切る。先端部上側だけでは切らない。


出典:林業・木材製造業労働災害防止協会

 

刈払機の扱い

刈払機作業の基本

刈払機の正しい装着

刈払機を正しく装着すること

  1. 肩バンド、腰バンド等の適切な装着。
  2. 刈払機の吊り金具への適切な装着。


出典:林業・木材製造業労働災害防止協会

 

刈払機の点検整備

刈払機の点検・整備を十分に行い最良の状態で使用すること

  1. 外部の清掃
    エンジンの外部、エアークリーナー、燃料タンクの空気穴、歯車室周辺。
  2. 外部から見える異常の有無の確認(刈刃の損傷等、ネジ類のゆるみと脱落、その他部品の損傷等)。
  3. 吊り金具・バンドの損傷の有無の確認。
  4. 緊急離脱装置と飛散防護装置の機能点検等。


出典:林業・木材製造業労働災害防止協会

 

上下作業・近接作業の禁止

上下作業・近接作業はしないこと

  1. 上下作業の禁止。
  2. 5m以内の立入禁止。
  3. 作業の安全のためには15m以上離れて作業すること。
  4. 作業中は相互に合図をし、エンジンが止まったことを確認して作業者に近づくこと。


出典:林業・木材製造業労働災害防止協会

 

安全な刈払機作業

キックバック・刈刃位置に注意

  1. キックバックの発生しない安全な切断部分を使用(刈刃の左前部1/3を使用、往復刈りはしない)。
  2. 腰より低い刈刃位置とすること。


出典:林業・木材製造業労働災害防止協会

 

木の伐り方

伐倒前の確認

他の作業者等がいないことの確認

立入り禁止区域内に他の作業者等がいないかを確認すること
受け口を切る前に、伐倒しようとする立木の樹高の1.5倍の距離の範囲内に他の作業者等がいないかを確認。

出典:林業・木材製造業労働災害防止協会

 

伐倒作業の基本

正しい受け口切り

受け口を正しく作ること

  1. 受け口の深さは、伐根直径の1/4以上。ただし、大径木は、伐根直径の1/3以上。
  2. 受け口の下切りは、水平に切り込む。
  3. 受け口の斜め切りは、30度~45度の角度。
  4. 下切りと斜め切りとは、終わりの部分を必ず一致。


出典:林業・木材製造業労働災害防止協会

正しい追い口切り

追い口を正しく作ること

  1. 追い口は、受け口の高さの、下から2/3程度の位置を水平に切り込む。
  2. 追い口切りの深さは、つるの幅が伐根直径の1/10程度を目安とし、切り込みすぎない。


出典:林業・木材製造業労働災害防止協会

 

つるを適切につくる

つるを適切に作り、機能させること
つるが小さいと立木が早く倒れ始め、伐倒方向がずれたり、材が裂けたり大変危険。

  1. 追い口を、切り込みすぎない。
  2. 追い口の位置を、低すぎ又は高すぎとしない。


出典:林業・木材製造業労働災害防止協会

 

くさびを正しく使い、確実な伐倒

くさびを正しく使うこと
くさびを正しく使い、伐倒方向を確実に。
くさびは常に2本を使用し、立木の大きさに応じて使用本数を多くする。

出典:林業・木材製造業労働災害防止協会

 

造材作業の基本

材の転動に注意し、必ず斜面上部で作業

玉切り作業は、必ず材の斜面上部で、正しい目立てのチェーンソーで行うこと

  1. 玉切り作業は、材の転動に注意し、必ず材の斜面上部で行い、足を、材やチェーンソーの下に入れない。
  2. 目立て不十分なチェーンソーは、強く握り、無理に押しつけて切ろうとするため、強い振動を受けるので、安全で振動障害防止の面からも、正しい目立てのチェーンソーで玉切りを行う。


出典:林業・木材製造業労働災害防止協会