「佐賀県中大規模木造建築設計セミナー」の受講生を募集します

平成22年10月に施行された「公共建築物等における木材の利用の促進に関する法律」は、令和3年6月に「脱炭素社会の実現に資する等のための建築物等における木材の利用の促進に関する法律」に改正され、脱炭素社会の実現に向け、木材の利用の促進に取り組む対象が、公共建築物等から民間建築物を含む建築物一般に拡大されました。

佐賀県では、平成23年12月に「佐賀県公共建築物木材利用促進方針」を策定し、公共建築物等への県産材の利用による木造・木質化を推進しています。また、県内の全市町において、上記法律に基づく方針を策定し、地域産木材の利用推進の取組が行われています。

3年目の開催となる令和3年度は、主に公共施設発注者等に対し、木材を利用した公共施設整備をする上で必要な知識の習得及び疑問解決を図る講座を実施します。加えて佐賀県中大規模木造建築セミナーを修了した建築士に対する、中大規模建築物木造木質化の設計ノウハウのフォローアップを目的としセミナーを開催します。
公共建築物の木造化、木質化を検討される方、推進されるお立場の方、現在進行中の建築プロジェクトへの疑問をお持ちの方、市町等の公共建築発注担当者の参加をお待ちしています。

1 応募対象者・定員

佐賀県内の市町職員・佐賀県職員(公共施設の企画、発注、設計、建築、維持管理などに関わる担当者):定員20名
佐賀県中大規模木造建築セミナーを修了した建築士:定員10名

2 セミナー概要

スケジュール

開催日 内容 県・市町職員対象 セミナー修了建築士対象 募集締め切り
10/20 (水) 基礎:西部会場   10/13(水)
10/21 (木) 基礎:東部会場   10/14(木)
11/ 4 (木) テーマ:建築コスト 10/28(木)
12/ 2 (木) 視察:木材製造現場 11/25(木)
12/23 (木) テーマ:メンテナンス 12/16(木)

3 申し込み

申込期間:
 各回実施日1週間前17:00まで

※定員を満たした時点で、期限前に募集を締め切る場合があります。

※定員に満たない場合は、追加募集を行います。

※新型コロナウィルス感染拡大等止むを得ない理由で、プログラムが延期・中止・オンライン開催となる場合がありますので、あらかじめご了承の上お申し込みください。

申込方法

下記の申込フォームにご記入のうえ、送信ください。
申込書入力先:https://forms.gle/SVStD6cSTQHvxvk89

 

お問い合わせ先(運営事務局)

NPO法人サウンドウッズ (担当 竹川)
住所: 大阪市中央区内平野町2-1-2-5A  NPO法人サウンドウッズ
電話:06-6360-4465 (平日9:00~18:00)

 

実施体制

主催:佐賀県農林水産部林業課 TEL 0952-25-7133
運営事務局: 一般社団法人佐賀県建築士会 TEL 0952-26-2198
       NPO法人サウンドウッズ TEL 06-6360-4465

県産木材を使用した木造住宅の新築・リフォーム費用の一部を支援します(第1回募集期間)

 県では、県産木材の利用を拡大するため、県産木材を使用した木造住宅の新築や住宅・施設のリフォームの費用の一部を支援します。
 多くの皆さまのご応募をお待ちしています。

1 木造住宅の新築

(1)助成内容
 30万円/棟

(2)助成対象
 次の各号のいずれにも該当する住宅の建築主とします。

  • 県内に自らまたは家族が居住するために新築する一戸建ての木造住宅であること。
  • 構造耐力上主要な部分(基礎及び基礎杭を除く)の内、土台、 柱(間柱を除く。)、横架材(桁、梁類)、斜材(筋かい、火打材類)、小屋組(小屋束、棟木、母屋、垂木類)の部分の木材使用量のうち、県産木材を体積比で60%以上使用すること。かつ、外装又は内装に県産木材を10㎡以上使用すること。
  • 佐賀県産木材地産地消の応援団が施工又は設計する住宅であること。
  • 使用する木材については、合法木材及び県産木材の証明ができること。
  • 補助住宅に申し込みをした年度の12月末日までに完了する住宅であること。
  • さがの木の住まいコンクールに応募する住宅であること。
  • 県税に未納がないこと。

(3)募集戸数
 30棟(応募多数の場合は抽選をします。)

(4)募集期間
 令和3年5月17日(月曜日)~令和3年6月30日(水曜日)
 ※今回の募集は1回目です。2回目は9月~10月に行う予定です。

2 住宅・施設のリフォーム

(1)助成内容
 20万円/棟

(2)助成対象
 次の各号のいずれにも該当する住宅又は店舗や事務所等の非住宅のリフォームの建築主とします。

  • 県内に自らまたは家族が居住するための住宅(賃貸を除く。)、もしくは県内にある非住宅にかかるリフォーム(改築、増築、修繕、模様替え等)であること。
  • 事業費が500千円以上の工事
  • 外装又は内装に県産木材を現しとして20m2以上使用すること。
  • 佐賀県産木材地産地消の応援団が施工又は設計する住宅等であること。
  • 使用する木材については、合法木材及び県産木材の証明ができること。
  • 補助に申し込みをした年度の12月末日までに完了する住宅等であること。
  • 県税に未納がないこと。

(3)募集戸数
 30棟(応募多数の場合は抽選をします。)

(4)募集期間
 令和3年5月17日(月曜日)~令和3年6月30日(水曜日)
 ※今回の募集は1回目です。2回目は9月~10月に行う予定です。

3 受付及び問合せ先

 一般社団法人佐賀県木材協会
 住  所:〒840-0027 佐賀市本庄町大字本庄278番地4
 電話番号:0952-23-6181
 受付時間:9時~17時(土日祝日除く。)
 ホームページ:http://www.sagamokukyo.jp/

4 佐賀県産木材地産地消の応援団について

 佐賀県産木材地産地消の応援団に登録されている大工・工務店、設計事務所については、下記リンクをご参照ください。
 https://yoka-wood.jp/supporters/

5 添付ファイル

 ・新築木造住宅募集要領(PDF)
 ・リフォーム施設募集要領(PDF)

佐賀県ふる郷の木づかいプロジェクト事業費交付要綱及び実施要領を一部改正しました

 県では、県産木材の利用を拡大するため、木材の生産・加工流通業者(「佐賀県木材業者及び製材業者登録条例」に基づき登録された者)及び「佐賀県産木材」地産地消の応援団に登録されている、大工・工務店、建築設計事務所または、それらで組織する団体等が行う施設整備及び県産木材のPR活動に対し支援を行います。
 ※令和3年3月31日付で要綱及び要領の一部改正を行っております。

1 支援の内容(事業メニュー)

(1) さがの木施設整備支援事業県産木材を製材・販売する製材業者等が整備する施設整備について支援
(2) さがの木の家デザイン支援事業「佐賀県産木材」地産地消の応援団(大工・工務店、建築事務所)がコラボし制作した、県産木材を使用した木造住宅プランの設計費用について支援
(3) さがの木でつながる家づくり応援事業県産木材を使用した木造住宅づくりの一環として開催するイベント等の経費について支援
(4) さがの木の家具等開発チャレンジ支援事業県産木材を利用した家具や木製品等の開発及び利用促進にかかる経費について支援
(5) さがの木天然乾燥木材支援事業県産天然乾燥木材の生産に必要な経費の一部について支援

 

2 補助の条件等

 補助を受ける条件については、支援の内容(事業メニュー)ごとに、補助金交付要綱及び実施要領に定めておりますので、下記添付ファイルをご覧ください。
 なお、事業の詳細については、県林業課又は県の現地機関(農林事務所林務課)へお尋ねください。

佐賀県ふる郷の木づかいプロジェクト事業費補助金交付要綱
佐賀県ふる郷の木づかいプロジェクト事業費補助金交付要綱(新旧対照表)
佐賀県ふる郷の木づかいプロジェクト事業実施要領
佐賀県ふる郷の木づかいプロジェクト事業実施要領(新旧対照表)

佐賀県ふるさと木材利用拡大推進事業費補助金交付要綱・実施要領を一部改正しました

 県では、県産木材の利用を拡大するため、民間木造住宅の新築やリフォーム、木塀設置の費用の一部を支援し、民間住宅の木造化等を推進するとともに、自治会公民館等の木造化や公共施設等における県産木材を使用した木製品等の導入に支援を行います。
※令和3年3月29日付で補助金交付要綱及び実施要領の一部改正を行っております。

1 支援の内容(事業メニュー)

(1)木造住宅の新築
 木造住宅を新築する場合に経費の一部を助成

(2)リフォーム
 住宅又は非住宅をリフォームする場合に経費の一部を助成

(3)木塀の整備
 木塀の設置に係る設計・施工・施工管理に要する経費の一部を助成

(4)県産木材のPR活動
 県産木材を使用した住宅見学会、家の材料となる木を見(伐り)に行くツアー、SNSによる情報発信等に係る経費を助成

(5)木造公共的施設整備
 自治会等が整備する公共的施設の木造化を行う場合に経費の一部を助成

(6)公共施設等の木製品の導入
 公共施設等における木製品(机、椅子、教卓、戸棚、本棚、テーブル、ベンチ、玩具など)の導入を行う場合に経費の一部を助成

 

2 補助の条件等

 補助を受ける条件については、支援の内容(事業のメニュー)ごとに、補助金交付要綱及び実施要領で定めておりますので、下記添付ファイルを御覧ください。
 なお、事業の詳細については、県林業課又は県の現地機関(農林事務所林務課)にお尋ねください。

オンラインコミュニティ「森女ミーティング」が始まりました

 林野庁では、森林・林業・木材産業などの「森と、森の恵み」に関わる様々な女性と、そのような女性たちと共に新しいモノづくりに挑戦したい企業のための、情報発信・交流・学びの場として活用できるオンラインネットワークを始めました。

 (注)「森女(もりじょ)」とは、女性林業者をはじめとして、森林・林業に関心のあるすべての女性を指します。

 このことにより、全国各地で活躍する森女が横断的なつながりを持つとともに、女性の社会的価値の向上及び多様な担い手の育成に繋がる事が期待されます。

 

1.森女ミーティングの内容

(1)交流&情報発信

 Facebook「森女グループ」(承認制)や、ZOOMを使った森女メンバーだけの交流の場や、森女ミーティングサイトとFacebookを活用した外部向けの情報発信ができます。

(2)森女✕企業プロジェクト

 企業と森女が連携し、新たなモノ・コトづくりに挑戦するワークショップの開催を経て、最終的にはそれらを広く全国、市場に展開していきます。

(3)森女ゼミ

 テーマ(「こんなのあったらいいな」、「やってみたい!楽しそう!」みたいな事)を考え、研究や勉強会などを実施するサークル活動ができます。

 

2.参加の方法

(1)交流と情報収集・交換に参加する場合
 Facebook「森女グループ」に登録してください。

(2)イベントや森女ゼミ等に参加する場合
 ZOOMを利用してください。

 

3.「森女ミーティング」の公式ホームページ

https://morijo.com/

 

4.運営、お問い合わせ先

(一社)全国林業改良普及協会
住所:東京都港区赤坂1-9-13 三会堂ビル2階
TEL:03-3584-6625  メール:info@morijo.com

(注)この事業は、林野庁の「令和2年度多様な担い手育成事業」の支援を受けて実施されています。