県産木材利用推進プロジェクト

 

平成29年度 林業課 重点取組事項

 

県産木材利用推進プロジェクトの取組成果と今後の展開

 

ふる郷の木づかいプロジェクト事業の概要

 

ふる郷の木づかいプロジェクト事業一覧

 

さがの木(乾燥木材)施設整備支援事業

■目的
本県の製材向上は他県の製材工場と比較すると規模が零細であることから、他県産の製材品に比べ、製材コストが1割程度⾼いことや、ストックが困難なことから、急な需要や大口の注文に対応ができないことなどが課題となっている。
このため、県内の公共施設で使用される製材品(板材)について、規格を統⼀することにより、製材コストの削減や安定供給のためのストック管理、県内製材工場の連携による分業調達の仕組みづくりを推進しているところである。
本仕組みに併せ、製材工場等の施設整備に対して支援を行うことで、品質の整った製材品の安定供給を図る。(※国庫補助事業等採択不可の事業者が対象)

■事業内容
「佐賀県木材業者及び製材業者登録条例」登録業者が、整備する施設整備について支援する。(補助率1/3)

対象施設:
木材製材施設装置、木材加⼯施設装置、木材材質⾼度化施設装置、木材処理加工用機械、品質向上・物流拠点施設装置、木材集出荷⽤機械

 

さがの木の家具開発チャレンジ支援事業【提案公募型】

■目的
さがの木「県産木材」の利用拡大を図るため、さがの木「県産木材」使用した家具や木製品の開発・利用等について、意欲ある団体等から効果的な提案を募集し、県産木材の需要拡大を図ります。

■対象事業
○さがの木利用提案型
・さがの木を使用した木材製品の開発や展示・販売等に関するもの
ア.さがの木を広く⼀般に広めることができる利用推進活動に関するもの
イ.さがの木の利用方法が今後の利用拡⼤へのモデルとなりうるもの
ウ.さがの木の利用等を主⽬的とする木材の効果的な利用推進に関するもの
エ.当該年度において完成することが確実であると認められるもの

■応募対象者
・「佐賀県産木材」地産地消の応援団

■⽀援内容
・さがの木「県産木材」の利用推進経費として、30万円を上限に助成を⾏う。

 

さがの木の家デザイン支援事業

■目的
佐賀県産木材を使用した意匠性の優れた木造建築物を県内に多く建築することで、県民が木材に触れ合う機会を増やし、木造建築物のイメージアップを図り県産木材の需要拡大を図る。

■事業内容
「佐賀県産木材」地産地消の応援団(大工・工務店)が、県内外の建築士(デザイナー)とコラボし、県産木材を使用した木造住宅プランの設計費用に対して定額助成する(1社/上限50万円)

 

さがの木でつながる家づくり応援事業

■⽬的
高性能・高品質化に加えて地域の気候、風土に合った木造住宅を計画し、品質の安定した地域材を円滑に供給していくために、川上 川下までのグループ(顔の⾒える家づくりグループ)をつくり、佐賀県産木材を使⽤した住宅づくりや併せて開催するイベントに対して支援することにより、県産木材の需要拡大を図る。

■事業内容
県産木材を使⽤した木造住宅の建築に取り組んでいるグループ(顔の見える家づくりグループ)に対して、建築した県産木造住宅づくりの活動⽀援として補助金を交付する。
※グループ活動1件ごとに50万円
・グループ交流会、勉強会
・さがの木パンフレットによる広報・周知
・さがの木の魅⼒を伝えるイベント
・⽣産地の⾒学ツアー・植樹会ツアー
・SNS等を活⽤した情報発信 等
※助成条件
完成⾒学会を実施すること

 

ふる郷の木づかいプロジェクトフロー図

 

県産⽊材イメージアップ戦略の概要

 

過去のプロジェクト