山仕事

木材を生産し、植樹することによって森林は整備され、森林の持つすばらしい機能を発揮します。

 

林業とは

林業は苗木を植えて、育て、伐って・・・そして、また植える仕事です。

苗木の栽培

畑(苗畑)で苗木を2年から4年かけて、大きくします。

植え付け

穴を掘り、苗木を植え付けます。根の周りに土をかぶせたら、しっかり踏み固めます。苗木は、その土地に適した種類の木を選び、春または秋に植えます。佐賀県では、スギやヒノキのほか、クヌギやケヤキなどが植えられています。(スギやヒノキは1haに約3,000本植えます)

下草刈り・つる切り

苗木を植えてから5年間以上は、苗木に日光が当るように周囲の雑草を刈り払う下草刈りを行います。雑草の茂る真夏に行う作業なので、大変な作業です。苗木が大きくなるまで、年に1、2回行います。また、苗木にからみついたツル類も取り除きます。この作業を怠ると、木の生長が悪くなり、枯れてしまうこともあります。

除伐(じょばつ)

約10年たつと、植えた木以外の木が自然に生えて育ちます。この木は、植えた木の生長を妨げるので、伐採して整理します。

枝打ち

木材としての価値を高めるための作業です。枝をナタや手ノコで幹に沿って伐り落とします。こうすることで、幹が太るにしたがい伐り口が巻き込まれ、製材したときに節のない木材となります。

間伐(かんばつ)

約15年たつと植えた木が大きくなり、木と木の間が狭くなって、林の中が混み合ってきます。すると、光が十分に射し込まなくなり、木が十分に成長できず、細くて弱い木ばかりになります。そこで、約5年ごとに植えた木を伐る「間伐」を行って、太い木が育つようにします。間伐を行うと、残った木が大きくなるとともに、光が地面までに射し込むので地面に草が茂り、健康な森になります。間伐された木は、杭などに利用されます。

主伐(しゅばつ)

苗木を植えて、約40年以上たつと、やっと木材として利用できます。伐ったあとには、また苗木を植えて育てます。

 

山仕事の道具

道具の種類

道具の手入れ

ナタの研ぎ方

ナタを安定した岩や切り株等の上に固定し、刃の角度に砥石を合わせて、刃に垂直方向に動かしながら左右に移動させる。片刃の場合は、裏面のバリも取っておく。

カマの研ぎ方

カマの柄を踏んで、刃を固定させる。刃の曲線に合わせて、指を切らないように砥石を前後に動かす。両刃の場合は両方、片刃の場合は裏面のバリを取っておく。

 

山で働く機械

スイングヤーダ

パワーショベルにワイヤードラムを搭載した集材用機械です。
倒した木を作業道まで引き寄せることができます。

タワーヤーダ

柱状のタワーに集材用ワイヤーを架けた集材用機械です。
倒した木を作業道まで引き寄せることができます。

プロセッサ

パワーショベルに木を切断する装置を搭載した造材用機械です。
集材した木材の枝を払い、指定した長さに切り揃えることができます。

ハーベスタ

パワーショベルに木を倒し切断する装置を搭載した造材用機械です。
木を倒し、枝を払い、指定した長さに切り揃えることができます。

フォワーダ

木材を運ぶ運搬用機械です。
狭い林道からトラックが走ることができる道路まで木材を運びます。

 

安全な山仕事のすすめ

十分な備えを行い、基本に沿った機械操作と確実な確認により安全な作業を心がけてください。
また、チェーンソー及び刈払機の使用は危険を伴いますので、チェーンソーを使用する場合は、安全衛生特別教育を、刈払機を使用する場合は、安全教育を受講してから使用するようお願いします。
それぞれの講習は、各都道府県林業・木材製造業労働災害防止協会支部において実施しています。